ニキビ跡の赤みにはビタミンC誘導体の化粧水や美容液がいい!

MENU

ビタミンC誘導体はニキビ跡にぴったり

ピッタリ

ニキビ跡の赤みを治すための方法を調べたことがある方なら「ビタミンC誘導体」という成分の名前を1度は目にしたことがあるでしょう。


ビタミンC誘導体は本当に様々な効果が期待できるので、ニキビ跡の赤みのケアはもちろん、色素沈着してしまった場合にも効果的なんです。


ただ、ビタミンC誘導体にはいくつかの種類があって、ものによっては刺激が強かったり、皮脂抑制効果が高いため乾燥を促進させてしまうというデメリットがあります。


そのため、ニキビ跡をケアするための化粧水や美容液を選ぶときには、どの種類のビタミンC誘導体が配合されているのか、それは自分の肌質に合っているのかをちゃんと理解しておくことが大切です。


そこで、これからニキビ跡の赤みのケアのためにビタミンCを配合したコスメを使ってみようと考えている方に、ビタミンC誘導体の選び方から、おすすめの化粧水や美容液などを紹介していきたいと思います。


すぐにおすすめのコスメが知りたいという方は「ニキビ跡の赤みにおすすめのビタミンC誘導体化粧水&美容液ランキング」へ移動して下さい。


ビタミンC誘導体にはどんな効果があるの?

どんな効果がある?

最初のところでビタミンC誘導体には様々な効果が期待できると紹介しましたが、どのような効果があるのか具体的にみてみましょう。


主な効果としては次の5つです。


  • 抗酸化
  • 炎症を抑える
  • メラニン色素の抑制と還元
  • 皮脂抑制
  • コラーゲン生成促進

では、上記のそれぞれの効果がどのようなものか、そしてニキビ跡にどのように働くのかを簡単に説明しましょう。


抗酸化作用

抗酸化

ビタミンCの効果として最も有名なのが抗酸化作用でしょう。


抗酸化というのは私たちの細胞を劣化させる原因である活性酸素を抑えてくれるということです。


ビタミンCは酸素と結びつきやすい性質があるため、肌細胞と活性酸素がくっついてしまう前に、自分が酸化することで細胞が活性酸素と結びついて劣化してしまうのを防いでくれるわけです。


ニキビ跡の赤みというのは炎症が残っている状態ですが、炎症の主な原因としてニキビによって発生した活性酸素があるため、症状を悪化させないためにも抗酸化作用のある成分が効果的なのです。


抗炎症作用

炎症

先ほども言ったようにニキビ跡として残る赤みの正体はニキビによる炎症が治まっていない状態なので、炎症の悪化につながる活性酸素を抑えることも必要ですが、すでに発生してしまっている炎症を緩和してあげることも大切です。


ケガや虫刺されなどで幹部が炎症を起こして腫れた時の処置のように、炎症がひどくならないように抑える作用のある成分を塗布してあげることも大切なのです。


メラニン色素の抑制と還元

メラニン色素

ニキビ跡の赤みは炎症が悪化していくと、メラニン色素を誘発してシミのように黒っぽく色素沈着をしてしまうことがあります。そのため、赤みの段階からメラニン色素の発生を抑えることが重要なのです。


さらに、メラニン色素の未然に防ぐだけでなく、すでにできてしまったメラニン色素を還元(≒分解)して今ある色素沈着を薄くする作用も期待できるので、赤みが悪化してすでにシミのようになってしまっている方にも適しているのです。


皮脂抑制

皮脂

これは意外と知らない方も多いと思いますが、皮脂腺の働きを弱める作用もあるのです。


この作用はニキビ跡に直接働きかけるわけではありませんが、そもそもの原因であるニキビ自体は皮脂の過剰な分泌によってできることも多い多いため、皮脂を抑えることは新たなニキビの発生によるニキビ跡の悪化を防ぐという意味で大切です。


ただし、前にも言った通り皮脂を抑えることで肌が乾燥しやすくなることもあるので、もともと乾燥しがちの肌質の方はパッチテストなどをしてから使用することをおすすめします。


コラーゲン生成促進

コラーゲン

コラーゲンというのは身体の組織を結び付けて弾力を持たせるための重要な成分です。


このコラーゲンを作るためにはビタミンCが不可欠なんです。


そのため、ビタミンC配合のコスメを使うことによってふっくらとした肌になり、毛穴の開きやニキビによる凸凹肌を目立たなくさせることが期待できるのです。


以上のように、活性酸素や皮脂、さらにはメラニン色素などニキビ跡の症状を悪化させてしまう様々な要因を見事にカバーしてくれるのがビタミンCなのです。


化粧品とサプリメントどっちがいい?

サプリとコスメ

ここまでの説明で、ビタミンCがニキビ跡の赤み、さらには色素沈着にも効果的であることは理解して頂けたと思いますが、


「コスメじゃなくてサプリメントでもいいんじゃない?」


という疑問を抱く方もいるのではないでしょうか?


もちろん、サプリメントなどによってビタミンCを摂取することも効果的なんですが、口からの摂取だとあまり効率が良くないんですね。


どういうことかというと、今は顔にできてしまったニキビ跡の赤みに効果を集中させたいわけですね。


しかし、ビタミンCというのは抗酸化作用やメラニン色素の抑制といった効果が期待できるため、「顔だけでなく体全身に必要とされるもの」なんです。


そのため、顔にできてしまったニキビ跡だけに集中してビタミンCの効果を発揮したいという場合にサプリメントによって摂取すると、いろいろな部位で消費されてしまため体内に取り込んだうちの一部しか顔の皮膚に届かないことは容易に想像できますよね?


よって、本当に効いて欲しい部分に積極的に届いてくれないという意味で、口から摂取するのは効率が悪いのです。


そのため、もっとも効果を発揮したい部位に直接届けることができるビタミンC誘導体という形にして、化粧水や美容液として使用した方がサプリメントよりも高い効果が期待できるのです。


ビタミンC誘導体の種類と特徴

ビタミンC誘導体はいろいろなコスメに配合されていますが、実はいくつかの種類があります。


  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • APPS(アプレシエ)
  • ピュアビタミンC

という4つのタイプがあるのです。


あなたに合ったものをしっかりと選べるようにするためにも、それぞれの特徴や、肌質によってどれを選ぶべきなのか、といったところをしっかりと頭に入れておきましょう。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性

コスメに配合されていて「ビタミンC誘導体」と言われているものは主にこの水溶性のものを指します。水に溶ける性質であるため化粧水に配合されています。


即効性や皮脂の抑制効果という面では優れているのですが、刺激や乾燥を感じやすいこと、さらに他のものよりも浸透力が低いというデメリットがあります。


成分表示名は「リン酸アスコルビン酸ナトリウム」や「リン酸アスコルビン酸マグネシウム」です。

油溶性ビタミンC誘導体

油溶性

こちらは先ほどの水溶性のものを油に溶けるように改良したものです。水溶性のものに比べて分解されにくいため刺激が少なく、油分と肌は馴染みやすいため浸透力が高いのが特徴です。


ただし、油に溶ける性質からクリームのような油分の多いタイプのコスメに配合されるため、皮脂による肌トラブル対策に合わないためニキビやその跡にはあまり用いられないことと、ベタつくような質感のためにあまり使われていない印象です。


成分表示名は「テトライソパルミチン酸アスコビル」などです。

APPS(アプレシエ)

水と油

こちらは進化型とも言われるもので、水溶性と油溶性の両方の性質を持ったビタミンC誘導体です。


水溶性と油溶性の特徴をいいとこ取りしたような性質があり、水溶性の即効性を持ちながらも油溶性の刺激が少なく肌に馴染みやすいという特徴も備え、それでいてベタつくこともありません。


コスメを選ぶときに刺激が心配という方はまずはAPPSを配合したものを選ぶとよいでしょう。


成分表示名は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」です。

ピュアビタミンC

ピュアレモン

これはその名の通り純粋なビタミンCです。


誘導体のように肌に馴染ませるために性質の異なる成分へと改良したものではなく、ビタミンCそのものをメーカー独自技術で作ったマイクロカプセルで覆い、肌への浸透を可能にしたものです。


ピュアビタミンCの特徴はなんといっても効率良く肌に届けることができるという点でしょう。


ちょっとわかりにくいので具体的な例を挙げて説明しましょう。


例えば、今ビタミンC誘導体が10あるとすると、実際に効果を発揮する純粋なビタミンCの量は実は半分程度(5〜6)しかなくて、残りの半分は肌に馴染むために必要な成分だったりするのです。


つまり、一見すると同じ量(濃度)しか入っていない場合でも、ピュアビタミンCを配合しているコスメの方が実際に作用する成分の量は多くなるということなんです。


よって、かなりの効果が期待できるのですが、ビタミンCの量が多くなれば当然刺激も強くなるため、敏感肌や乾燥肌の方は避けた方がいいでしょう。


成分表示名はごく一般的なビタミンCと同じで「アスコルビン酸」です。


余談ですが、どの成分が入っているかを容器や箱の成分表で確認する場合は、[ビタミンC」という一般的な栄養素としての表記ではなく「リン酸アスコルビン酸〜」といったように化学成分名として書かれているので間違えないようにして下さいね。

ビタミンC誘導体の選び方

ここまで紹介してきたビタミンC誘導体のそれぞれの特徴を簡単にまとめると、


  • 水溶性ビタミンC誘導体
    即効性はあるけど刺激が強く乾燥しやすい
  • 油溶性ビタミンC誘導体
    刺激は無いけどベタつきがあって使い心地が悪い
  • APPS(アプレシエ)
    上の2つの良いとこ取りをしたもので浸透しやすく刺激も少ない
  • ピュアビタミンC
    余計なものが入っていないため最も高い効果が期待できるけど刺激が強い

といったところですね。


選び方

このような特徴を踏まえると、最も効率よくビタミンCを肌に届けることができるピュアビタミンCが一番効果的なのですが、ピュアビタミンCはちょっと刺激を感じることがあるため肌質によっては炎症を悪化させてしまう可能性があるのです。


そのため、まずは刺激が少なく最もバランスの取れた効果を発揮するAPPSを選ぶのが間違いないでしょう。


ただ、敏感肌でも乾燥肌でも無く、過去に化粧水などが肌に合わないといった経験の無い強くて健康な肌の方は、ピュアビタミンCを配合したものを選ぶことをおすすめします。

ニキビ跡の赤みにおすすめのビタミンC誘導体化粧水&美容液ランキング

 
シーボディ VCスターターセット
VCスターターセット

商品の特徴

APPSをさらに進化させたVC200という最新型のビタミンC誘導体を配合していて、通常のビタミンCの200倍、さらにAPPSの2倍の浸透力があるのが最大の特徴です。

特殊な成分であることから、お試しセットが毎月数量限定なので試してみたい方は早めに申し込みましょう。

さらに返金保証本製品購入時の割引券なども付いてきてすごくお得です。

価格 1,800円+税
送料 無料
評価 評価5
注目ポイント
  • APPSよりも浸透力の高い貴重な成分のVC200を配合
  • 毎月数量限定のお試しセットが1,800円で購入できる
  • 30日間全額返金保証付き

シーボディ公式サイト
 
 
サイクルプラス

商品の特徴

APPSを最も安定した状態でお肌に届けるために、使用直前に化粧水に混ぜる2剤式を採用しているのが特徴です。

EGFやFGFも配合していることから、年齢とともに乱れがちなターンオーバーの改善、さらに不足しがちなハリやうるおいをしっかりとケアしてくれます。

初めての方限定で、メイク落とし・洗顔・乳液・クリームなどのサンプルが付いてくるので、とてもお得に試すことができます。

価格 2,800円+税
送料 無料
評価 評価4.5
注目ポイント
  • APPSを新鮮なまま届けるために2剤式を採用
  • エイジングケアもできる豊富な美容成分を配合
  • 初回限定で2,800円相当のサンプル品が付いてくる

 
 
b.glen(ビーグレン) Cセラム
Cセラム トライアルセット

商品の特徴

7.5%という高濃度のピュアビタミンCビーグレン独自のカプセル技術QuSome(キューソーム)によって肌に馴染ませることに成功した美容液です。

顔に塗るとほんのりと暖かくなる使用感も高濃度の特徴で、しっかりと効果を発揮しているような使用感も人気です。

濃度が高いだけに肌に合うか心配な方は、返金保証付きでお得なトライアルセットセットをまずは1週間だけ試してみて下さい。

価格 1,800円+税
送料 無料
評価 評価4.5
注目ポイント
  • 高濃度ピュアビタミンC(7.5%)を独自技術で肌に浸透
  • 刺激に弱い肌には不向きだけど、そうでないなら最も効果を実感できる美容液
  • Cセラムを含む4点セットが365日返金保証付で1,800円

ビーグレン公式サイト