ニキビ跡の赤みケアは肌質や部位に合った対処をしよう

MENU

肌質や部位に合わせたニキビ跡の赤みのケア

ニキビ跡の赤みを改善するために必要なことを実践しているけど、なかなか結果が出ない。


それは肌質に合わないケアをしていたり、ニキビ跡が残った部位特有の原因に対処できていなことが原因かもしれません。


例えば、乾燥肌がひどいのにニキビ跡に良いと効いて保湿力効果の薄い化粧水や美容液を使うと、乾燥がひどくなって肌のバリア機能が低下して、結果的に症状が悪化しやすくなることがあります。


また、顎などにニキビ跡が集中している場合は、スキンケアだけでなくホルモンバランスの乱れなどにも目を向けたアプローチをした方がよい場合もあります。


だから、ニキビ跡がある特定の部位に残っていたり、口コミなどで良いといわれているスキンケアを実践しても効果が得られない場合は、肌質や部位に合わせた対処方法試してみて下さい。

ニキビ跡の赤みケアは肌質や部位に合った対処をしよう記事一覧

解説

ニキビ跡の赤みを早く治したいけど、敏感肌であるために評判のいいコスメなどを使ったスキンケアができなかったり、ちょっとした刺激でも症状が悪化しやすくて、どうしたらいいかわからないという方に必要なケア方法を紹介します。

乾燥

ニキビ跡の赤みが長期間治らないという方は乾燥肌の方が多いのではないでしょうか?肌が乾燥すると外部からの刺激を守る機能が低下してしまうため、乾燥肌に合わせた対処法を実践する必要があるのです。

生理

ニキビ跡の赤みが残りやすい部位として顎やフェイスラインがあります。この部分の赤みがなかなか消えないという方は、生理前ニキビ対策など女性ホルモンの周期を考えたケアをすることが大切です。