ニキビ跡の赤みに必要なスキンケア

やり方が分からない

ニキビ跡の赤みを治すためにはどのようなケアをする必要があるでしょうか?


何かすごく特別な事をする必要があると思っている方もいるかもしれませんが、実はすごく基本的なスキンケアが大切なんです。


基本的には保湿や洗顔と言った誰もが実施しているケアを正しく行うこと、それに加えて肌質に合った方法であることが重要です。


また、「即効性のあるケア方法があるの?」といったスキンケアの疑問についても説明していきます。


「スキンケア方法」の記事一覧

洗顔

ニキビ跡の赤みについては洗顔後のケアが注目されがちですが、実は洗顔方法や洗顔料そのものもとても重要です。なぜなら、刺激によって炎症は悪化してしまうからです。そのためニキビ跡の赤みが残った肌にやってはいけない洗顔方法やおすすめの洗顔料を紹介します。

乾燥

ニキビ跡の赤みが長期間治らないという方は乾燥肌の方が多いのではないでしょうか?肌が乾燥すると外部からの刺激を守る機能が低下してしまうため、刺激に弱くなり、結果的に赤みの原因である炎症が治りにくくなるのです。

解説

ニキビ跡の赤みを早く治したいけど、敏感肌であるために評判のいいコスメなどを使ったスキンケアができなかったり、ちょっとした刺激でも症状が悪化しやすくて、どうしたらいいかわからないという方に必要なケア方法を紹介します。

早く治したい

ニキビ跡の赤みがなかなか消えなくて、絶対にベストな状態で過ごしたい!すぐに消したい!だから何か即効性のあるものはないのかと思いますよね。でも実際にニキビ跡の赤みを消すためにはターンオーバーという期間が必要なのに即効性のある商品や方法があるのでしょうか?

保湿

ニキビ跡の赤みをケアするときも保湿はとても重要な役割を果たします。しかし、洗顔後に化粧水を塗っておけばいいという単純なものではありません。ニキビ跡の赤みに必要な保湿とはどんなものなのでしょうか?

ピーリング

ニキビ跡にはピーリングがいいと言われますが、ニキビ跡でも赤みの場合は必ずしもマッチしているとは限りません。そこで、実施する目的や効果、さらには自宅で行うピーリングと皮膚科で行うケミカルピーリングの違いなどをしっかkりと理解しておきましょう。


スキンケア方法やおすすめの化粧水などを紹介(TOPページ)
ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!