ニキビ跡の赤みにいい洗顔方法と洗顔料

MENU

ニキビ跡を治すには洗顔の見直しも大切!

洗顔

ニキビ跡の赤みを治したいと思った時に多くの方が考えるのは、化粧水や美容液といったものを使って症状を改善しようとしますよね。


もちろん肌のターンオーバーを整えたり、炎症を抑えるために必要なスキンケアであることは間違いありません。


でも、ニキビ跡の赤みがなかなか治らないと言っている方の中には、美容液や化粧水などのケアの一つ前段階である洗顔のやり方に問題がある場合が少なくないのです。


洗顔の方法って何となく覚えたやり方をずっと続けている方がほとんどであるため、なかなか間違いに気づかないんですよね。


そこで、「ニキビ跡の赤みがある時の正しい洗顔方法」や「ニキビ跡の赤みにおすすめの洗顔料」を紹介していきます。


ニキビ跡の赤みがある時の正しい洗顔方法とは?

ダメ

赤みが残った状態の肌を洗顔するときに大事になのは何よりも刺激をしないことです。


そのために必要な具体的な方法としては


  • 力を入れて擦らないこと
  • 刺激の少ない洗顔料を使うこと
  • 豊富な泡を使って洗うこと

ですね。


力を入れて擦らない

優しく

ニキビに関わる肌トラブルに悩んでいる方で勘違いしがちなのが、力を入れてゴシゴシと洗うことで皮脂などの汚れをしっかりと洗った方が良いと思ってしまうことです。


確かにニキビ跡が残りやすい肌というのは、ニキビ自体ができやすい体質であることも多いため、皮脂をしっかりと落とすべきというイメージがありますよね。


実際には、大人になってからのニキビやニキビ跡ほど、ストレスや生活習慣の不規則さ、乾燥肌などによってターンオーバーが乱れてしまうといった皮脂以外のことが原因になる場合が多いのです。


詳細は後でお話ししますが、肌を擦るような刺激はターンオーバーの乱れを招くため、力を入れて洗顔をすることによってニキビができやすくなったり、跡が消えにくくなる可能性があるのです。


また、基本的に皮脂などの汚れは擦って落とすのではなくて、洗顔料に含まれる成分によって分解して落とすものです。


食器を洗うときを想像して貰えばわかりやすいと思いますが、お皿についた油汚れを落とすときにスポンジに水だけつけて一生懸命擦っても落ちないですよね?


顔の汚れも水では落ちにくい皮脂汚れを落とすために洗顔料を使うわけで、力を入れて擦る必要はなくむしろデメリットでしかないのです。


刺激の少ない洗顔料を使う

刺激の無い

これは先ほども言ったように、とにかく汚れをしっかりと落とさなきゃいけないと考えた結果、スクラブ入りの洗顔フォームなどを使ってしまいがちなんですよね。


もちろんスクラブ入りのものは汚れが落ちやすいのですが、その反面肌への刺激にもなりやすいためニキビ跡のように炎症を起こした肌の場合にはあまりおすすめできません。


赤みの残った肌は敏感になっていることも多いため、スクラブやスースーするような成分の入ったものは避けた方がいいでしょう。


また、ピーリング石鹸は有効な面も多いのですが、角質を溶かす作用によって肌のバリア機能が低下する恐れがあるため、ニキビの炎症が落ち着くまでは使用しない方がいいでしょう。


このように刺激になりそうなものは配合されていない洗顔料を選ぶことが大切です。


豊富な泡を使って洗う

泡がいっぱい

肌への刺激を避けるために、力をれないようにしたり刺激の少ない洗顔料を使うことをお話してきましたが、肌が敏感になっている場合は小さな摩擦を繰り返すような刺激さえも極力避けるべきです。


そのためには手と顔の皮膚の接触を極力避けたいわけですが、それを実現するには豊富な泡を使って洗う必要があるのです。


しっかりと泡立てることで、多少力が入ったとしても常に手と顔の間に泡が介在することでクッションの代わりになり、刺激を軽減してくれるのです。


刺激を抑えるような泡を作るためには泡立てネットを使うのもいいのですが、それ以上に泡立ちがよく弾力のある泡が作りやすい洗顔料を選ぶことが大切です。


適当な選び方をするとどんなに泡立てても手洗い石鹸のような貧弱な泡しかできず、摩擦を起きやすくしてしまうため注意が必要です。


以上の3つのポイントをしっかりと守った洗顔方法を実践することが、その後の化粧水や美容液の効果を最大限に引き出すためにも大事なことなのです。


ニキビ跡には水洗顔も有効?

水

先ほどニキビ跡の赤みを悪化させないためにもできるだけ刺激の少ない洗顔料を使うべきだというお話をしましたが、ニキビ跡の洗顔方法の1つとして水洗顔が有効という情報を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?


確かに水であれば肌への刺激は全く無いので、水だけで洗顔しても良さそうな気がしますよね。


でも、そもそも洗顔をする目的は皮脂を落とすことです。


皮脂は放置しておくと酸化して皮膚の炎症を引き起こす原因になってしまうので、基本的には洗顔料を使って皮脂をしっかりと落とす必要があり、水洗顔を続けることはデメリットの方が大きいでしょう。


また、水だけでの洗顔だと泡が介在しないため、必要以上に強く擦ってしまってニキビ跡の赤みを悪化させてしまう可能性もあるので、ちゃんと洗顔料を使用するべきなのです。


どうして刺激をしてはいけないの?

どうして

ここまでのお話の中で、ニキビ跡の赤みが残った肌を刺激しないようにすることが正しい洗顔方法だということを説明してきましたが、刺激をすることがどうしていけないのでしょうか?


炎症を起こして赤みを帯びている部分を刺激することで炎症が悪化して治りにくくなるのは当然なのですが、それ以外にも間違った洗顔方法によって刺激をし続けることはデメリットが多いのです。


では、摩擦による刺激によって炎症の悪化以外にどのようなデメリットがるのかというと


  • 色素沈着を誘発
  • ターンオーバーを遅らせる

といったものが挙げられます。


炎症が悪化していくと炎症性色素沈着と言われるメラニン色素による黒いシミのようなものができてしまうことがありますが、実は摩擦によってもメラニン色素が誘発されてしまうのです。


下着で締め付けられた部分が黒ずんだりすることがあるように、ちょっとした刺激でも繰り返されているとシミのようになってしまうことがあるのです。


また、肌というのは外部からの刺激を守る役割もあるため、刺激を続けていると何とかしてダメージを緩和しようとして古い角質を残すことで皮膚を厚くしようとするのです。


そうすると古い角質が毛穴を詰まらせてニキビができやすくなったり、新しい皮膚へと生まれ変わるサイクルが遅くなって炎症などが治りにくくなるのです。


このような理由から、間違った洗顔方法を改めてニキビ跡の赤みの残った肌に刺激を与えないようにするべきなのです。


ニキビ跡の赤みにおすすめの洗顔料は?

石鹸

ここまでの説明で炎症が残っている肌を洗顔する時には、刺激をしてはいけないこと、そしてそのためには豊富な泡で洗うことで刺激をしないよう心がけるべきであることを理解して頂けたかと思います。


このように敏感な肌を刺激しないように洗うためには、前にも少しお話ししたように洗い方や泡立て方だけでなく、洗顔料自体も適したものを選ぶことが大切です。


そこで紹介したいのが、ニキビ用洗顔石鹸のノンエーです。


この石鹸はニキビ肌用ということもあって、抗炎症成分を配合しており、さらにはヒアルロン酸などの保湿成分も配合されています。


そしてなんといっても注目なのがその泡立ちです。


同社の他の洗顔石鹸にくらべて約4倍の弾力をもつといわえる豊富な泡立ちによって、まるでクッションで洗っているかのような感覚になるほど肌に優しく刺激が少ないのです。


よって、あまり刺激をしたくないニキビ跡の赤みの残る肌には本当にピッタリの洗顔料と言えるでしょう。


ちゃんとスキンケアをしているのにニキビ跡の赤みがなかなか治らないという方で、洗顔に問題があるかもと思った方はノンエーの使用を検討してみて下さい。


詳細はコチラノンエーでニキビ跡の赤みをケア