ニキビ跡の赤みにプラセンタ

MENU

プラセンタはニキビ跡にもいい!

わからない

プラセンタって美容成分として広く知られていると思うのですが、私の中ではちょっと高級なイメージがあって手が出しにくいという印象がありました。


だから、実際にどんなものなのかということもあまり知らなかったのですが、ニキビ跡の赤みに悩むようになってから、実はプラセンタはニキビ跡の赤みにはもちろん、シミなどの色素沈着にも有効なんです。


なぜか、プラセンタと聞くとアンチエイジングのための成分というイメージがあるのであまりニキビ関連の話には出てこないのですが、実はニキビ跡の症状にぴったりなんです。


幅広い効果が魅力のプラセンタについて、使用することでどのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。


プラセンタってどんなもの?

胎児

効果について知る前に、そもそもプラセンタがどんなものかご存知ですか?


意外と多くの方がプラセンタという美容成分があると勘違いしているのですが、実は成分名ではなくて「胎盤」を英語に訳したものなんですね。


胎盤というはママのお腹の中で赤ちゃんを包み込んで栄養を送る役割をする臓器で、お腹の中で赤ちゃんが成長するためのお家のようなものです。


胎盤から抽出したものをプラセンタエキスと呼んでいて、成分としてはビタミンCやアミノ酸など多くのものを含んだ複合的なものなのです。


赤ちゃんは胎盤を通じて様々な栄養を受け取って10ヶ月間の間しっかりと成長することからもわかるように、胎盤には体にとって必要不可欠な成分が多く含まれているのです。


誰の胎盤を使っているの?と思うかもしれませんが、人間の胎盤は管理がとても難しいことから医療にしか使ってはいけないという決まりがあるため、スキンケアで使われているものは馬や豚の胎盤です。


馬や豚と聞くとなんだかちょっと不衛生な感じがしてしまいますが、ものすごく厳格な品質管理をしている一部のメーカーでしか製造されていないので、品質面では心配ないでしょう。


まずは、プラセンタというのはお腹の中で赤ちゃんを育てるための器官から抽出したもので、様々な成分を含んでいるため幅広い効果が期待できるということを覚えておきましょう。


プラセンタに期待される幅広い効果

続いてプラセンタの肌への効果について具体的に見ていきましょう。主なものとしては


  • 保湿
  • 新陳代謝の促進
  • 抗炎症作用
  • 活性酸素を除去
  • メラニン色素の抑制

といったことが挙げられます。


効果

さきほども言ったようにプラセンタにはアミノ酸が含まれているのですが、このアミノ酸は肌の表面にある角質層の水分を保持するために不可欠なものです。


角質層には肌を保護するバリアとしての機能があるのですが、バリア機能を保つ上で角質層の水分はとても大切なものなんです。


そのため、プラセンタには肌トラブルなどによって失われた皮膚の水分を補給してバリア機能を修復する効果が期待できるのです。


また、赤ちゃんを成長させるために細胞を活性化させる成長因子(グロースファクター)というものが含まれているため、皮膚の新陳代謝を活性化させ、肌のターンオーバーを促進してくれるのです。


さらに肌荒れなどの炎症を抑えたり、老化の原因となる活性酸素を除去する働き、さらにはシミの原因となるメラニン色素が作られるのを抑える効果も期待できるのです。


これらの効果は最初にアンチエイジングのイメージがあると言った通り、老化による肌の悩みの代表的なものである乾燥肌、シミ、肌荒れなどを防ぐためのものなので、まさにエイジングケアにピッタリなんですね。

プラセンタがニキビ跡の赤みにおすすめの理由

理解

ここまでの説明で、幅広い効果が期待でき、1つ1つの効果はエイジングケアに適していることは分かったと思いますが、ニキビ跡の赤みに対してはどのような効果が期待できるでしょうか?


さきほど挙げた5つのプラセンタの効果をニキビ跡の赤みの症状と照らし合わせると分かるのですが、5つの効果はすべてニキビ跡にすごく有効なものなのです。


それぞれの効果について、ニキビ跡の赤みに対してどのようなメリットがあるのかを示すと以下のようになります。


プラセンタのニキビ跡への効果
  1. 保湿:肌のバリア機能の回復させて炎症の悪化を防ぐ
  2. 新陳代謝の改善:古い角質を排出して毛穴のつまりを防ぎニキビ再発を予防
  3. 抗炎症作用:赤みを抑える
  4. 活性酸素を除去:炎症の悪化とメラニン色素の生成を抑える
  5. メラニン色素の抑制:ニキビ跡が黒くなるのを防ぐ

以上のように効果としてはエイジングケアに適したものなのですが、どの効果もニキビ跡の赤みのケアとしてもぴったりなのです。


ぴったり

ニキビ跡の赤みが残ってる状態というのは炎症を起こしている状態なので、悪化を防ぐには抗炎症作用のあるものでケアをするのが有効ですね(項目3)。


さらに、ニキビのダメージによって皮膚の再生能力が低下し、乾燥した古い角質が残りやすくになります。


皮膚が乾燥するとバリアとしての機能が低下するため、保湿によって肌の保護機能を修復する必要があるのです(上記1)。


また、新陳代謝を改善して肌のターンオーバーを促進することで、古い角質が残りにくい肌になれば、乾燥肌やバリア機能の低下が防げるだけでなくニキビの原因である毛穴の詰まりも防げるわけです(上記2)。


また、炎症というのはアクネ菌が発生させた活性酸素が主な原因なんです。活性酸素は肌の老化を促進させるだけでなく、炎症を悪化させたりメラニン色素を誘発するためできるだけ除去することが望ましいのです(上記4)。


さらに、ニキビ跡の赤みは悪化するとメラニン色素が発生して黒いシミのような状態に変化してしまうことがあるため、メラニン色素の生成をを抑えるようにすることが必要なのです(上記5)。


以上のように、プラセンタは「健康で丈夫な肌への促進」と「炎症を抑えながら色素沈着を防ぐ」という効果が期待できるので、ニキビ跡の赤み対策に適しているんですね。


以上、大まかな内容について説明をしましたが、1つ1つの詳しい内容についてもっと知りたいという方は、以下の記事を参照して下さい。



以上のように、アンチエイジング効果と似た症状の多いニキビ跡の赤みにはプラセンタはとても効果的なので、どんなコスメを使ったらいいのかわからないという方はプラセンタを配合したコスメを試してみるといいと思います。


スキンケア方法やおすすめの化粧水などを紹介(TOPページ)
ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!