ニキビ跡の赤みはピーリングで消える?

MENU

ニキビ跡の赤みへのピーリングの効果を理解しよう

目的

ニキビ跡を治すためにピーリングをやった方がいいというのを何となく聞いたことがある方は多いと思います。


でも、肌質やニキビ跡の症状によっては治すどころか悪化させてしまうこともあるのです。


そのため、そもそもピーリングというのはどんな仕組みで、何のために行うのか、ということをしっかりと理解して、あなたが望む結果を得られるかどうかを検討する必要があるのです。


また、美容皮膚科などで行うケミカルーピーリングについても市販の物を使って自宅で行う場合とどのような違いがあるのか、といったことについて紹介しましょう。


ピーリングの仕組みについて

仕組み

女性ならピーリングというものが「皮膚を剥がす」作用のあるものだということはほとんどの方が知っていると思います。


野菜などに使用する皮むき器をピーラーと呼ぶように、peel(ピール)という言葉がもとになっているのですね。


では、一般的に言われているピーリングというのはどのようにして皮膚を剥がすのか知っていますか?


簡単に言うと「酸」を使って皮膚の一番表面にある角質を溶かすのです。


「酸」で溶かすなんて言うと硫酸のような強力なものをイメージして怖がってしまう方もいるのですが、実際にはフルーツなどから抽出した肌に優しい酸を使うのです。


フルーツ

AHA洗顔という言葉を目にしたことがある方も多いと思いますが、このAHAはピーリング剤として使われるアルファヒドロキシ酸というもので、フルーツ酸とも言われます。


AHAやフルーツ酸というものが実際にあるわけではなく、クエン酸やリンゴ酸、グリコール酸などが果物から抽出されるため、まとめてフルーツ酸、またはAHAと呼んでいるのです。


人工的な薬品ではなく、私たちが日ごろから口にしているフルーツなどから抽出される酸を使うことによって、アレルギーのような拒絶反応を示す可能性が極めて少なくなるように配慮されているのですね。


このように、ピーリングは基本的には酸で皮膚の表面にある角質を溶かすもの、そしてアレルギーなどを極力避けるためにもフルーツ酸というものが使われるということを知っておいてください。


ただし、それほど協力なものものではないにせよ、酸によって皮膚を溶かすわけですから多少なりとも刺激があることも何となく想像できるでしょう。


ニキビ跡へのピーリングの効果

効果

ピーリングが皮膚を剥がすことというのは分かって頂けたかと思いますが、そもそもそれによってニキビ跡にどんな効果があるのでしょうか?


一般的な感覚としては「皮膚を剥がして色素沈着などを無くす効果がある」といったイメージですよね。


確かに色素沈着などはピーリングによって改善が期待されるものの1つではあるのですが、何でもかんでも皮膚を剥がせばいいというものではありません


そこで、細かい効果をいろいろと考えらる前に、そもそもの目的は何か?という根本的なところを見てみましょう。


ピーリングの目的というのは「ターンオーバーを強制的に早めること」です。


つまり、何かしらの理由によってターンオーバーが遅れてしまったことが原因で起こる肌トラブル(例えば古い角質が引き起こすニキビや肌のくすみ、メラニン色素が排出されずに残る色素沈着など)を解消することが期待できるのです。


よって、ピーリングは基本的にターンオーバーが遅れて角質が厚くなっているタイプの方に向いているのです。


反対に、ターンオーバーがすでに早まってしまっていたり、皮膚が薄くなっていることでダメージに弱くなっている敏感肌の方、水分が逃げやすくなっている乾燥肌の方、肌荒れや炎症が起きている方にとっては肌に合わなかったり、場合によっては炎症などを悪化させてしまうことがあるのです。


そのため、ピーリングは有効なことも多いのですがニキビ跡を改善したい場合でも炎症が残っている場合や敏感肌の場合には十分注意が必要です。


ニキビ跡の治療として皮膚科で行うケミカルピーリング

ピーリングについて調べたことがある方は、皮膚科で行われている「ケミカルピーリング」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?


皮膚科で実施するということから何となく自宅でやるよりも効果的なような期待感があると思うので、


  • 自宅で実施する場合と何が違うのか
  • 期間はどれくらいなのか
  • どのくらいの価格なのか

といった概要を紹介しておきましょう。


自宅で市販のものを使ってやるピーリングとどう違う?

濃度

ケミカルピーリングといっても、基本的な原理は市販のピーリング石鹸などと同じで、AHA(フルーツ酸)を主に使用して古くなった角質を溶かして剥がすというものです。


ただし、大きく異なるのは使用する酸の濃度です。


ケミカルピーリングは市販のピーリング剤などを使う場合と違って、強力な酸を使う”医療行為”にあたるため、ちゃんと医師免許を持った方に肌の状態をチェックしてもらい、トラブルが起きないように薬液の濃度などを調節してもらう必要があるのです。


強い薬液を使うことから、ニキビやニキビ跡の炎症がひどい場合や敏感肌である場合は施術をしてもらえないこともあります。


一般的にニキビ跡の場合はメラニン色素による色素沈着がある場合に実施しますが、赤みが残っている状態のように炎症がひどい場合はケミカルピーリングを推奨しているところは少ないですね。


実施する期間はどれくらい?

期間

ケミカルピーリングというと皮膚科で受ける医療行為であるため、何となく1回でそれなりの効果を期待してしまうかもしれませんが、そう簡単にはいきません。


病院によってばらつきはありますが、だいたい5回前後の施術を1セットとして実施し、肌へ繰り返される刺激を緩和するために1回の施術ごとに1カ月前後の間隔を開けるのが一般的です。


そのため、1セットを行うだけでも5カ月程度の期間がかかることを想定しておく必要があるため、効果を実感できるまでにそれなりの期間を要してしまうのです(1セットで必ずしも効果があるわけでもありません)。


どのくらいの価格なの?

費用

続いて気になるお値段ですが、おそらくイメージしているよりも高いと思います。


なぜなら、ニキビ跡の治療の場合は病気を治すのではなく美の追求といった目的であるため保険が適用されないからです。


そのため、どうしてもそれなりの価格になってしまうのです。


一般的に市販のピーリング石鹸やジェルなどの価格というのは1ヵ月程度使えるもので1,000程度、高くても3,000円くらいだと思います。


それに対してケミカルピーリングの価格は病院や使用する薬液(酸)によっても変わってきますが、だいたい1回あたり6,000〜8,000円します。


よって、1セットとなると5回程度の施術をしますから、トータルで3〜4万円程度かかるのです。


皮膚科で治療をすれば市販の化粧品を買うよりもすごく安く済むという勘違いしている方がいますが、保険が適用されないものなので結構な費用がかかるということなのです。


ちなみに正常なお肌であれば、痛みやダウンタイムなどもないので、施術完了後に普通にメイクをして帰ることも可能です。

ニキビ跡のケアとして自宅でピーリングをやる場合は悪化に注意

注意

ここまでお話ししてきたように、ピーリングというのは皮膚の表面で滞っている古い角質を強制的に除去してくれるため、毛穴の詰まりや色素沈着を改善することが期待できます。


しかし、酸によって刺激を与えるものであるため、敏感肌の方やニキビ跡でも赤みがひどく炎症が落ち着いていないような場合は注意が必要です。


ケミカルピーリングであれば医師によって肌が酸の刺激に耐えられるかどうか、ちゃんと診断してもらえるので安心ですが、自宅で市販のピーリング石鹸などを使おうとする場合は肌に合わなかったり使い方が悪かったりすると症状を悪化させてしまう可能性があります


ニキビ跡でも赤みがひどい方、または治りにくい方というのは、すでに角質が薄くなっているためにちょっとした刺激が炎症を悪化させてしまっているのかもしれません。


メラニン色素が沈着しているタイプのニキビ跡であればピーリングが有効なことも多いのですが、刺激に弱くなっている状態でピーリングを行うと、今ある炎症を悪化させ、より赤みが強く出てしまう可能性があるのです。


そうならないためにも、痒みや痛みがある場合はピーリング石鹸などの使用を極力避け、ニキビ跡の洗顔方法のところで説明したように洗顔時に刺激をしないように配慮したり、皮膚に必要ない栄養を摂るなど、ピーリング以外でターンオーバーを改善するために必要なことも実施することが大切です。