ニキビ跡の赤みの治し方の基本

治し方

ニキビ跡の赤みの治すために化粧水などでお肌のケアするのはなぜでしょうか?


スキンケアというと肌トラブルの症状を抑える方法として捉えがちですが、基本的には肌を健康な状態にして自己修復力を正常に戻してあげることなのです。


本来持っている修復力によってきれいな肌を再生することで初めて治ったと言えるわけです。


そう考えると、お肌を正常に戻すためにはコスメによるケアだけでなく、内面からの改善、例えば血行を促進して新陳代謝を高めることが大事になってくるわけです。


このように、肌を正常な状態に戻すというニキビ跡の赤みの治し方の根本的な部分を知ること、また内面からの修復するためにどのような行動が必要か、といったところを紹介していきます。


「ニキビ跡の赤みを治す方法」の記事一覧

目立たないで欲しい

ニキビ跡の赤みの原因を正しく知ることで、対策としてどのようなスキンケアが必要なのかを正しく理解することができます。そうすることで迷うことがなくなって、長期的に適切なケアを継続することができ、結果的に早く治すことができるのです。

どうすればいい?

ニキビ跡の赤みを消すには乱れたターンオーバーを正常に整えることが大切です。そこでターンオーバーのポイントである成長ホルモンの分泌を促進するための睡眠とストレスのコントロール、食事の管理、正しいスキンケアという3つのポインについて紹介しましょう。

ジョギング

ニキビ跡の赤みを改善するにはターンオーバーを整えることが大切ですが、運動をすることがターンオーバーの改善に多くの貢献をしてくれるのです。

栄養

ニキビ跡の赤みにはターンオーバーの改善が欠かせませんが、そのためにはしっかりと栄養を摂ることが大切です。そこで、ニキビ跡の赤みにいい栄養素や食事、さらにおすすめのサプリメントをランキング形式で紹介します。

防御

ニキビ跡の赤みが悪化するのを防いで、できるだけ早く治すためには、肌のバリア機能を正常にすることが大切です。そのためには角質層が健康な状態であることがとても大切になってくるのです。

生理

ニキビ跡の赤みが残りやすい部位として顎やフェイスラインがあります。この部分の赤みがなかなか消えないという方は、生理前ニキビ対策など女性ホルモンの周期を考えたケアをすることが大切です。


スキンケア方法やおすすめの化粧水などを紹介(TOPページ)
ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!