乾燥肌のためにニキビ跡の赤みが治らない

MENU

もしかして肌がカサついてないですか?

悩む

ニキビ跡の赤みがなかなか消えないと悩んでいる方は、乾燥肌の方が多いのではないでしょうか?


そもそも赤みが残ってしまうのはニキビができてしまうことが発端であるので、普通に考えるとニキビ=皮脂の多さというイメージがありますよね。


そのため、自分の肌は皮脂が多いからしっとりしている、という間違った認識をしてしまっている方も多いのです。


しかし、乾燥しているからこそ身体は潤いを保持しようとして皮脂を分泌させ、脂性と言われる肌質へと変化させているわけです。


そして、乾燥肌になるとニキビ跡の赤みが治りにくく、長期化しやすい傾向があるから問題なのです。


乾燥肌ってどんな状態?

乾燥

どうして乾燥肌になるとニキビ跡が消えにくくなってしまうのでしょうか?


この疑問に対する答えを知る前にそもそも乾燥肌ってどんな状態なのかをしっかりと理解する必要があります。


結構勘違いしている方が多いのですが、乾燥肌というのは単純に肌の表面にある水分が乾いているだけという単純なものではありません。


乾いているだけなら保湿するだけでも効果的なのですが、何回も保湿をしても潤いが持続しない状態になってしまっているのです。


その理由は、肌の内部に水分を閉じ込めておく能力が低下してしまったために、水分が逃げやすくなってしまって乾燥しやすくなっているからなのです。


ここをしっかりと理解していないために、肌がカサカサでつっぱるからといって市販の化粧水を多めに塗ったりして対処してしまおうとするのです。


化粧水を塗るだけでは、肌の内側の水分が逃げてしまうという乾燥の根本的な原因を改善することはできず、乾いてしまった肌の表面に水分を付着させて潤いを一時的に補給するだけにすぎないなのです。


肌がカサカサになるとどうしてニキビ跡が治りにくいの?

ポイント

先ほど、乾燥肌というのは内部の水分を閉じ込めておく機能が低下している状態だと言いましたが、水分を閉じ込める上で肌の一番外側、つまり最表面にある皮膚の働きがポイントになってくるのです。


肌の機能と構造を簡単に説明すると、体の外側から順に表皮と真皮という2層からできていて、表皮の中でも最も外側ある角質層という薄い皮膚が、内部(真皮)の水分を保持する役目を担っているのです。


また内側の水分を外側に逃がさない皮膚構造にすることによって、外側からの異物の侵入を防ぐという機能も兼ねているのです。


つまり、潤いを保持するための皮膚の機能が、外部からの刺激や細菌などの異物の侵入を防ぐ役割もしてくれることによって、私たちの皮膚は潤いを保って健康な肌を維持することができるのです。


表皮が刺激から体を守ってくれていると言ってもピンと来ないかもしれないので、誰もが経験したことのある事例でイメージしてみましょう。


小さい頃に外で遊んでいて、転んだりして擦り剥いた経験はありませんか?


大きな傷にはならないけど、表面の皮が剥けた状態でジュクジュクと液体が出てくるし、ちょっと触っただけで飛び上がりたくなるほど痛かったですよね?


これは転んだ時の摩擦によって、皮膚を守ってくれている表皮が剥がれて真皮がむき出しになった状態なんですね。


そのため、皮膚の内部にある液体が漏れてジュクジュクしたり、ちょっと触っただけで強烈な刺激を感じてしまうのです。


このような経験から、皮膚の表面の皮というのはすごく薄いにも関わらず、しっかりと刺激を緩和したり水分を保持したりしてくれているのが実感として分かりますよね。


しかし、皮膚が乾燥すると肌を守ってくれるはずの角質層の機能が低下して、内側の水分が逃げやすくなると同時に、外側からの刺激や異物の侵入を防ぐ効果も薄れてくるために敏感でトラブルを起こしやすい肌になってしまうのです。


どうして肌に潤いがなくなると刺激に弱くなるのか?の詳細については「ニキビ跡の赤みと保湿」を参照してください。


そして、ニキビ跡の赤みというのはニキビによって肌が傷つけられて炎症を起こし、その部分がまだ完治していない状態でしたね。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みが残る原因 | 原因を知ることが対策の第一歩!


つまり、赤みが残っている状態というのはニキビによって損傷した部分を治している途中なので、刺激をしないように注意をするべきなのですが、乾燥肌になってしまうと刺激を守る力が弱くなってしまっているので、日頃のスキンケアなどの小さな刺激によっても赤みが悪化しやすくなってしまうのです。


 >参考記事:敏感肌の人がニキビ跡の赤みを治すために必要なこと


そのため、乾燥肌の方はニキビ跡の赤みはもちろん、その他の肌トラブルが治りにくい傾向があるのです。


さらに、肌が乾燥すると潤いを保とうとして皮脂の分泌が多くなるため、ニキビができやすい肌になり、新たなニキビ跡を作るきっかけになってしまう可能性もあります。


また、肌を守る機能が低下するのを防ぐための防衛反応として、本来は健康な肌と入れ替わるべき古い角質を残すことで皮膚に厚みを持たせて防御力を高めようとしてしまうのです。


そのため、毛穴の周囲で古くなった角質が厚みを増して埋めるような状態になってしまうため、よりニキビが繰り返し発生しやすい肌質になってしまうのです。


このように肌が乾燥することによって、ニキビの再発による炎症の悪化や刺激に敏感になることによりニキビ跡も長期化しやすくなるという超悪循環なんですね。


カサカサ肌を改善してニキビ跡を治りやすくするには?

ここまでで、乾燥肌になることによって刺激に弱くなること、そしてニキビが再発しやすい肌になるために、ニキビ跡の赤みが治りにくくなってしまうということについて説明をしてきました。


では、どうすれば赤みが治りやすい潤いのある肌に戻すことができるのか?ということが大事になってくるのですが、そのためには


  • 肌のバリア機能を修復するための保湿
  • ターンオーバーの改善
  • 正しい洗顔

といったことが必要になってきます。


詳細は下記の「関連ページ」の記事で説明していますので概要だけ説明すると、乾燥肌というのは水分を保持する力、つまりバリア機能が低下している状態であるため、この機能を回復させる必要がありますね。


そのためには保湿がとても大切なんです。ただし、単純に化粧水を塗ればいいということではなくて、バリア機能を修復するために必要な油分を補う必要があるのです。


また、乾燥した肌というのは単純に古くなってしまっていることが原因になることもあります。皮膚も生まれてから時間が経過すると水分を保持する機能が衰えるんですね。


つまり、新しい肌が生み出されて古い肌と入れ替わるという新陳代謝が滞っているために、乾燥しやすくなってしまっているのです。それを防ぐためには肌の新陳代謝であるターンオーバーを改善する必要があるのです。


そして、最後に洗顔については、誤った洗い方をしているために肌に過剰な刺激を与えたり、必要な油分を落としてしまったりして潤いを保持できない肌を作り上げてしまうことがあるため、正しい洗顔方法や適した洗顔料を選ぶことが大切になってくるのです。


それぞれの詳しい内容については、以下の記事を参照してみてください。