ニキビ跡の赤みに効果の期待できる成分は?

MENU

ニキビ跡の赤みにはどんな成分を選ぶべき?

ニキビ跡の赤みを早く改善したいから、化粧水や美容液で良いものを探しているんだけど、どんなものを選んだら良いかよくわからないという方は多いでしょう。


そんな場合には、まずどんな成分がニキビ跡のケアに効果が期待できるのかを理解しておくことが大切です。


大まかに説明すると


赤み(炎症)には抗炎症作用の期待できる


赤みに良いの成分
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸ジカリウム

また、ターンオーバーの改善やメラニン色素の抑制が期待できる


赤みに良い成分
  • プラセンタ

などがあります。


なかでもビタミンC誘導体はグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタを併せたような効果が期待できるのでおすすめです。


そして、ニキビ跡が黒く色素沈着してしまった場合には炎症を抑えるのではなくメラニン色素に働きかける美白効果が期待できる


色素沈着に良い成分
  • ハイドロキノン

がおすすめです。


あなたのニキビ跡の症状や肌質にあった成分を上手に選択できるように、使ってみたい成分について以下の記事を参考にしてみて下さい。

ニキビ跡の赤みに効果の期待できる成分は?記事一覧

ビタミンC

ニキビ跡の赤みには幅広い効果を持つビタミンC誘導体が本当におすすめです。そんなビタミンC誘導体の効果や使用するときの注意点、おすすめの化粧水や美容液などを徹底解説します。

妊娠

プラセンタというとアンチエイジング効果のイメージがありますが、実はニキビ跡の赤み対策にもぴったりなんです。そこで、プラセンタの効果とニキビ跡にどのような効果があるのかを紹介します。

甘草

赤ニキビやニキビ跡の赤みのように炎症を起こしてしまった後のケアに効果的な成分として様々なコスメに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムについて、成分の特徴や抗炎症作用の意味、さらには危険性などについて紹介します。

シミ

ハイドロキノンはニキビ跡に効果的だと言われますが、どんな症状にも効くわけではなりません。そこで、ニキビ跡の赤みと色素沈着それぞれへの効果、そしてハイドロキノンを配合した人気の化粧品ランキングなどを紹介します。