ニキビ跡の赤みや色素沈着にハイドロキノンは効果ある?

MENU

ニキビ跡のケアにハイドロキノンがおすすめ

効果はあるの?

ニキビ跡に悩んでいて、できるだけ早く白い肌を取り戻したいと思っている方は、一度はハイドロキノンという成分の名前を目にしたことがあるのではないでしょうか?


これはシミなどの対策に強力な効果が期待できる成分として有名で、実際に病院で処方されるクリームなどにも配合されています。


元々は肌に馴染みにくいという性質や刺激が強いということで医療機関でしか扱われていませんでしたが、角質層へ浸透させる技術や安全管理の進歩によって、今では市販のコスメなどにも配合されるようになりました


しかし、美白成分として名前が知られるようになったものの、まだまだどのような効果が期待できるのかをしっかりと理解していない方も多いのです。


例えば、ニキビ跡にいいのは間違いないのですが、ニキビ跡の症状すべてに適しているわけではないのです。


そのため、しっかりと効果を引き出すためにも



といったことを紹介していきましょう。


また、どんな成分なのかについてはある程度知っているからどのコスメがいいか知りたい!という方は



を参考にしてみて下さい。


ハイドロキノンはニキビ跡の赤みにも色素沈着にも効くの?

色素沈着

強力な美白作用が魅力のハイドロキノンですが、そもそも美白といういうのはどのような効果でしょうか?


美白という言葉を聞くと、ニキビ跡であれば赤みでも黒くなった色素沈着も消してくれると勘違いしている方もいるようですが、結論から言ってしまうと


黒っぽくなったニキビ跡にはピッタリだけど、赤みには効果なし!

ということなんです。


ハイドロキノンは日焼けやシミの原因としておなじみのメラニン色素に作用する成分ですが、ニキビ跡の赤みの原因はメラニン色素ではなく炎症です。


だから、ニキビ跡の赤みを改善するためのコスメを探しているのであれば、ハイドロキノンではなく炎症を抑える成分が入った化粧水を選ぶべきです。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みに効く化粧水ランキング


すでに炎症が悪化して茶色や黒い色の色素沈着ができてしまっている方はハイドロキノンが効果的なので使用を検討してみるといいでしょう。



ハイドロキノンの効果について

説明

ニキビ跡でも黒っぽいシミのような症状にだけ効果があるハイドロキノンですが、そもそもどのように肌に働きかけるのかという点についてもう少し詳しく説明しましょう。


ハイドロキノンには大きく分けて2つの効果があります。


  • メラニン色素の発生を抑える
  • メラニン色素の分解

というものですね。どういった効果なのか1つずつ説明していきましょう。


メラニン色素の発生を抑える

抑制

細かい説明する前に、まずは肌が色素沈着してしまうメカニズムについて簡単触れておきましょう。


ニキビ跡に限らず体内でメラニン色素が作られてしまうのは、活性酸素とタンパク質の一種であるチロシンという物質が結合してしまうからなんです。


活性酸素は私たちの体の細胞を劣化させてしまう性質があるため、活性酸素が増えすぎてしまわないようにする必要があるのです。


そのため、チロシンを活性酸素と結合させてメラニン色素という別の物質に変化させることで活性酸素を抑えるわけです。


メラニン

言い方を変えると、細胞の劣化を防ぐために仕方なくシミの原因となる黒い物質を作り出しているんですね。


そして、チロシンが活性酸素と結合するためにはチロシナーゼという酵素の手助けが必要になるのですが、このチロシナーゼの働きを邪魔してメラニン色素ができないようにすることがハイドロキノンの役割の1つなのです。


つまり、ハイドロキノンにはメラニン色素の予防効果が期待できるのです。


また、チロシンを作り出す大元のメラノサイトと呼ばれる細胞を攻撃する性質もあるため、かなり強いメラニン色素の抑制効果が期待できるのです。


メラニン色素の分解

分解

ハイドロキノンを語る上で一番のポイントとなるのはメラニン色素の分解です。


分解とはどういうことかと言うと、すでに黒ずんでしまった部分に働きかけて、メラニン色素ができる前の状態(活性酸素とチロシンを分解)に戻して黒くなった皮膚の色を元の肌色に近づけるということです。


実は一般的に美白成分と呼ばれるているものの多くはメラニン色素の発生だけ防ぐ予防効果のみのものがほとんどなのですが、ハイドロキノンはメラニン色素の予防だけでなく、今ある色素を薄くするという2つの効果が期待できる希少な成分なのです。

ハイドロキノンはメラニンに直接働いて美白します。今あるシミを治療して、これからできるシミも同時に予防します。※参照:自由が丘皮膚科クリニック

そのため、美白コスメの中でもニキビ跡の色素沈着やシミ対策にはハイドロキノンが人気なのです。



以上のようにニキビ跡でも黒くなってしまった場合にとても有効なハイドロキノンですが、使用するときには


  • 紫外線対策が必須
  • 刺激がある

という点に注意して下さい。


注意

当たり前ですが、日焼けによって肌が黒くなるのは、有害な紫外線から肌を守るための作用ですね。


しかし、ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑える作用が強いため、紫外線からのダメージを受けやすい肌になってしまう可能性があるのです。


黒くならなければシミにならなくていいと思うかもしれませんが、紫外線によるダメージは将来的にシミの増加や皮膚がんなどのリスクを高めてしまうのです。


そのため、基本的にハイドロキノンは「夜用」と記載されていることが多く、もしも使用後に日差しを浴びるようなことがある場合は必ずUVケアをするということを忘れないでください。


また、敏感肌の場合は刺激を感じることもあるので、必ずお試し品などを利用するようにしましょう


他の美白成分とどう違う?

美白コスメ

ハイドロキノンがメラニン色素に対して高い効果が期待できることは理解して頂けたと思いますが、他の美白成分と呼ばれるものと比べてどのような違いがあるのでしょうか?


意外と「美白と書かれている化粧水や美容液であればどれでもいい」と考えている方が多いのですが、美白という言葉は主に「抑制(予防)と分解(対策)」という2つの意味で使われています。


言い換えると、美白コスメには色素沈着しないようにする(予防)ものと、色素沈着を改善する(対策)ものがあるのです。


そして、予防効果のある美白成分はたくさんあるのですが、色素沈着を改善する効果が期待できる成分は少ないのです。


ポイント

そのため、一般的な美白成分と違って今ある色素沈着への効果が期待できる点がハイドロキノンの最大の特徴なのです。


そのため、ニキビ跡が黒や茶色に色素沈着している場合は、予防効果のある美白成分(アルブチンやトラネキサム酸など)ではなく、色素を薄くする効果が期待できる成分(ハイドロキノンやビタミンC誘導体)を配合しているものが必要です。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液


何となくのイメージだけで美白と書かれているコスメを選んでしまうと、実はメラニン色素の抑制効果しか無くて、すでにある色素沈着には効果が期待できない場合があるので注意が必要です。


また、ハイドロキノンはビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分に比べてメラニン色素を抑制する効果が非常に高いと言われています。

ハイドロキノンの美白効果はコウジ酸やアルブチンの100倍 ※参照:湘南美容外科

そのため、ニキビ跡に限らず色素沈着の対策としてはハイドロキノンを配合したコスメの使用を第一に検討してみるのがベターなのです。


ニキビ跡におすすめのハイドロキノン化粧品ランキング

 
b.glen(ビーグレン)
ホワイトケア
ビーグレン美白ケア

商品の特徴

ハイドロキノンを配合した化粧品と言えばビーグレンと言ってもいいくらい定番のコスメブランドですね。

QuSomeと呼ばれる独自のマクロカプセル化技術で不安定で浸透しにくいというハイドロキノンを角質層の奥まで浸透させることに成功。

人気の美白クリームを含むビーグレンの5点セットが返金保証付きの1,800円で試すことできます。

価格 1,800円+税
送料 無料
評価 評価5
注目ポイント
  • 国際特許技術でハイドロキノンの実用化&浸透力アップ
  • 洗顔、化粧水、美容液、美白クリーム、保湿クリームが1週間分5点セットで1,800円
  • 365日間全額返金保証付き

ビーグレン公式サイト

ニキビ跡の赤み向け商品はこちら > ビーグレンでニキビ跡をケア

 
 
アンプルール
ラグジュアリーホワイト
アンプルール

商品の特徴

現役皮膚科医が開発したハイドロキノン安定化技術により化粧品への配合を可能にした、美白化粧品としては有名なドクターズコスメです。

色素沈着を予防する美白成分と、今ある色素沈着にアプローチするハイドロキノンによるW美白で隠れたメラニン色素までしっかりとケア。

ハイドロキノンを配合している話題の美容液、コンセントレートHQ110を含む4点セットを1週間1,890円で試すことができます。

価格 1,890円(税込)
送料 無料
評価 評価4
注目ポイント
  • 現役皮膚科医が開発したドクターズコスメ
  • 美白美容液や化粧水などの4点セットが1週間分で1,890円(税・送料込)
  • 次回お買いもの1,000円割引券付

アンプルール公式サイト
 
 
ディセンシア サエル
サエルトライアルセット

商品の特徴

こちらは敏感肌専門のブランドが開発した美白コスメで、こちらはハイドロキノンではなくビタミンC誘導体を採用したものです。

敏感肌の方でも使える美白コスメをコンセプトにしているので、今までにハイドロキノンを使って肌に合わなかったり、敏感肌のために肌に合う化粧品がなかなか見つからないという方におすすめです。

価格 1,480円(税込)
送料 無料
評価 評価3
注目ポイント
  • ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドが開発した美白コスメ
  • 化粧水、美容液、クリームが10日分+CCクリーム1回分で1,480円(税・送料込)
  • 30日間全額返金保証付き

ディセンシアサエル公式サイト
 

ニキビ跡の症状である赤みと色素沈着の違いがよくわからないという方は「ニキビ跡の赤みが残る原因」や「ニキビ跡の色素沈着」を参考にしてみて下さい。


関連ページ

ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液
ニキビ跡の赤みにケアで評判が良いものの1つにビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液がありますが、肌質によっては使わない方が良い場合もあるので、ビタミンC誘導体がどのようなものかを知り、正しく化粧水や美容液を選べるようにすることが大切です。
ニキビ跡の赤みにプラセンタがいい!
プラセンタというとアンチエイジング効果のイメージがありますが、実はニキビ跡の赤み対策にもぴったりなんです。そこで、プラセンタの効果とニキビ跡にどのような効果があるのかを紹介します。
ニキビ跡の赤みを抑えるグリチルリチン酸ジカリウムとは?
赤ニキビやニキビ跡の赤みのように炎症を起こしてしまった後のケアに効果的な成分として様々なコスメに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムについて、成分の特徴や抗炎症作用の意味、さらには危険性などについて紹介します。
ニキビ跡の赤みに美白化粧水や美容液は効果ない?
ニキビ跡の赤みに美白成分入りの化粧水や美容液が効果的なのか疑問に感じている方もいると思います。その答えを知るためには美白の仕組みと赤みの原因を理解することが重要です
ノンエーはニキビ跡の赤みのケアにもピッタリの薬用石鹸!
ノンエーはニキビ用洗顔石鹸として大人気ですが、ニキビ跡の赤みにも効果が期待できます。また、効果について不安があるという方でも、全額返金保証があるので安心して試すことができます。
メディプラスゲルはニキビ跡の赤みのケアにもおすすめ!
メディプラスゲルは保湿力の高い大人気のオールインワンゲルですが、ニキビ跡の赤みのケアにも優れた特徴があるのです。特に敏感肌やニキビが治ったばかりの方にはおすすめだと思います。
ビーグレンはニキビ跡の赤みにも色素沈着にも使える人気のコスメ
ビーグレンはQuSomeという独自技術によってニキビ跡の赤みだけでなく色素沈着にもいい口コミで大人気のコスメです。Cセラムやハイドロキノンクリームなどが入ったお得なトライアルセットでまずは効果を実感してみましょう。