ニキビ跡の赤みには保湿が大事

MENU

ニキビ跡の赤み対策にも保湿は重要

化粧水

スキンケアと言えば保湿というくらい一般的なものですが、実はニキビ跡の赤みを改善するうえでも保湿はとても大切なんです。


ここで確認ですが、保湿ってなんのためにやっているのかご存知ですか?


意外とこういった基本的なことを知らないために、間違ったスキンケアを長年実施し続けてしまってニキビができやすくなったり跡が残りやすくなってしまったりするともあるのです。


単純に保湿といってもいろんなスキンケア用品がありますよね?


例えば保湿として一般的なのは化粧水ですが、乳液や美容液と言ったものもあります。


同じ保湿用のコスメでもそれぞれ微妙に異なった目的があるのです。


そこで、保湿しないとどんなデメリットがあるのかニキビ跡の赤みの改善にはどんな保湿が必要になるのか、といったところをしっかりと理解してスキンケアを実施していくことが大切です。


保湿しないで乾燥した肌はニキビ跡が悪化しやすい

どうしよう

ニキビ跡の赤みケアとして保湿がどのような効果をもたらすかを知る前に、まずは乾燥したままの肌がニキビ跡を治りにくくしてしまうという点をしっかりと理解しておきましょう。


肌が乾燥すると粉を吹いたりメイクのノリが悪くなったりするので見た目が良くないのは当然なのですが、それだけでなく以下のようなデメリットがあるのです。


  • ニキビの再発
  • バリア機能の低下
  • ターンオーバーの乱れ

そのため、保湿が十分でない肌はニキビ跡の改善を遅らせたり悪化させたりしやすくなってしまう可能性があるのです。


では、保湿をしないで乾燥してしまった肌がこのようなデメリットを引き起こしてしまう理由についてそれぞれ説明していきましょう。


ニキビの再発

再発

ニキビは皮脂が多いことが主な原因の1つであるためオイリー肌よりも乾燥肌の方が良いと考えがちですが、実際には乾燥した肌の方がニキビができやすい環境を作ってしまいます


思春期の頃のニキビと違って大人になってからのものは乾燥肌が原因になっていることが多いのです。


皮膚の乾燥が皮脂の過剰分泌を招いたり、皮膚表面の水分が不足しているために毛穴の周囲の角質層がしぼんで毛穴を詰りやすくしてしまうのです。


そのため、水分の不足した部分に何度もニキビができ、炎症が悪化してニキビ跡の赤みも残りやすく治りにくくなってしまうのです。


バリア機能の低下

バリア機能の低下

皮膚には外部からの刺激を緩和したり、害のあるものが侵入しないようにしたりするためにバリアとしての機能を備えています。


でも、乾燥した肌はこのバリア機能が低下してしまうのです。


乾燥肌というのは、皮膚の表面の水分が不足しているのはもちろん、皮膚の内側の水分が逃げやすくなっているために乾いてしまっている状態なのです。


そして、皮膚内部の水分を閉じ込めておく機能と、刺激を緩和するためのバリア機能はどちらも皮膚表面の角質層が担っているため、乾燥しやすい肌というのは同時にバリアとしての機能も低下してしまっているのです。


だから乾燥肌と敏感肌の両方に悩む方は多く、洗顔方法の間違いなどのちょっとした刺激でも炎症などが悪化しやすいため、ニキビ跡の赤みも残りやすく治りにくいのです。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みの洗顔方法とおすすめの洗顔料


ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れ

保湿が十分でない肌はバリア機能の低下を招くと言いましたが、刺激に弱くなった肌は何とかして刺激を緩和しようとして角質に厚みを持たせようとする性質があります。


角質を厚くするには古くなった角質をいつまでも残しておく必要があるため、皮膚のターンオーバーを遅れてしまうのです。


ターンオーバーが遅れる(乱れる)と、ダメージを負った皮膚が新しい皮膚に生まれ変わるまでの期間が伸びてしまうため、ニキビ跡の赤みや色素沈着などの改善も遅れてしまうのです。


このように、ニキビ跡の赤みを早く改善するにはしっかりと保湿をして乾燥しないようにすることが大切なのです。


保湿の3つの目的とそれぞれの効果

3つの目的

ニキビ跡の赤みを改善するためには保湿が大切であることは理解して頂けたと思いますが、ただ化粧水をたくさん塗ればいいってものではありません。


一口に保湿といっても化粧水や美容液、クリームなどいろいろな方法もあることからもわかるように、ただ水分を補うという単純なものではないのです。


そこで、まずは保湿には3つ目的があるということを知っておきましょう。


  1. 潤いを補給する
  2. 潤いを閉じ込める
  3. 潤いを保持する力を高める

1.潤いを補給する

保湿

1つめの潤いを補給するというのは、一般的な化粧水の役割ですね。


肌の表面に水分を介在させることで、乾燥を一時的に防ぐのです。


でも、普通の水を付けただけでは顔に付着せずにたれてしまったり、すぐに蒸発してしまいますよね。


そのため、皮膚になじみやすいトロッとした感触のものや、蒸発しにくいヒアルロン酸などの成分を使って保湿効果が持続するようにしているのです。


一般的に保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンは、あくまでも皮膚の表面に介在して一時的に潤いを補給する効果だけしかありません。


2.潤いを閉じ込める

クリーム

2つめの潤いを閉じ込めるというのは、化粧水などで補給した水分が蒸発しないように油分でカバーをするというものです。


化粧水の後に乳液やクリームといった粘り気のある油分を含んだコスメを使うのは、主に水分が逃げないようにするためなのです。


3.潤いを保持する力を高める

潤い保持

3つめの潤いを保持する力を高めるというのが、実はニキビ跡の赤みのケアだけでなく、スキンケアをするうえで一番重要です。


1と2に関しては外部から水分や油分を補給することによって一時的に潤いを保持するだけなので、言わば延命措置のための保湿です。


でも、本当に重要なのは肌の内側の水分をしっかりと保持できるようにバリア機能をサポートするための保湿です。


具体的にいうと、角質層の細胞の隙間を埋めてバリア機能を高めるサポートをしてくれるセラミドを補給したり、バリア機能が低下していない新しい健康な皮膚をつくるためにターンオーバーの促進をサポートするビタミンC誘導体などを配合したコスメがおすすめです。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液


このように、保湿が大事といってもただ水分を補給するだけではそれほど効果は期待できず、肌が本来持っている機能を取り戻すための保湿が必要なのです。


ニキビ跡の赤みを保湿するときに必要なこと

必要

ここまでの説明で、ニキビ跡の赤みの改善をする場合にはただ保湿をすればいいわけではありません。


水分の補給と同時に肌のバリア機能を高めるために必要な成分を補給したり、ターンオーバーの改善をサポートする成分も合わせて補給してあげると良いということは理解してもらえたと思います。


また、ニキビ跡の赤みは炎症がまだ治まっていない状態なので、できれば炎症を抑えるための成分を配合している化粧水や美容液での保湿が必要です。


つまり、ニキビ跡の赤みの残った肌を保湿するうえで理想的なのは


  • バリア機能を高める
  • ターンオーバーの改善をサポート
  • 抗炎症作用

といった効果の期待できるものがいいということになりますね。


このような条件を満たすコスメとして適しているのがニキビ跡用の化粧水です。


化粧水

ニキビ跡用の化粧水は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、さらにターンオーバーを改善する効果の期待できるプラセンタを有効成分として配合しています。


また、肌のバリア機能を高めるうえで必要なセラミドも配合しているので、まさにニキビ跡の赤みのケアにぴったりだと思います。


もしも、ニキビ跡の赤みを改善するための化粧水を探しているのであれば、ニキビ跡用のものを使ってみることをおすすめします。

ニキビ跡にぴったりの化粧水 詳しくはこちら


関連ページ

ニキビ跡の赤みの洗顔方法とおすすめの洗顔料
ニキビ跡の赤みについては洗顔後のケアが注目されがちですが、実は洗顔方法や洗顔料そのものもとても重要です。なぜなら、刺激によって炎症は悪化してしまうからです。そのためニキビ跡の赤みが残った肌にやってはいけない洗顔方法やおすすめの洗顔料を紹介します。
乾燥肌のためにニキビ跡の赤みが治らない
ニキビ跡の赤みが長期間治らないという方は乾燥肌の方が多いのではないでしょうか?肌が乾燥すると外部からの刺激を守る機能が低下してしまうため、刺激に弱くなり、結果的に赤みの原因である炎症が治りにくくなるのです。
敏感肌の人がニキビ跡の赤みを治すために必要なこと
ニキビ跡の赤みを早く治したいけど、敏感肌であるために評判のいいコスメなどを使ったスキンケアができなかったり、ちょっとした刺激でも症状が悪化しやすくて、どうしたらいいかわからないという方に必要なケア方法を紹介します。
ニキビ跡の赤みに即効性のあるものは?
ニキビ跡の赤みがなかなか消えなくて、絶対にベストな状態で過ごしたい!すぐに消したい!だから何か即効性のあるものはないのかと思いますよね。でも実際にニキビ跡の赤みを消すためにはターンオーバーという期間が必要なのに即効性のある商品や方法があるのでしょうか?
ニキビ跡の赤みのある肌へのピーリングで注意すること
ニキビ跡にはピーリングがいいと言われますが、ニキビ跡でも赤みの場合は必ずしもマッチしているとは限りません。そこで、実施する目的や効果、さらには自宅で行うピーリングと皮膚科で行うケミカルピーリングの違いなどをしっかkりと理解しておきましょう。