ニキビ跡の赤みには保湿が大事

MENU

赤み対策にも保湿は重要

化粧水

スキンケアと言えば保湿というくらい一般的なものですが、実はニキビ跡の赤みを改善するうえでも保湿はとても大切なんです。


ここで確認ですが、保湿ってなんのためにやっているのかご存知ですか?


意外とこういった基本的なことを知らないために間違ったスキンケアを長年実施し続けてしまってニキビができやすくなったり、跡が残りやすくなってしまうこともあるのです。


単純に保湿といってもいろんなスキンケア用品がありますよね?


例えば保湿として一般的なのは化粧水ですが、乳液や美容液と言ったものもあります。


それぞれ配合されている成分などは異なっているものの、肌に潤いを与えるという目的は変わりません。


つまり、保湿と言ってもいろんなアプローチがあって、ニキビ跡の赤みの改善にはどの保湿が必要になるのか、というところをしっかりと理解してスキンケアを実施していくことが大切です。


保湿で肌を健康にすることが大切!

まず保湿には3つのアプローチがあるとういうことを知っておきましょう。


  • 潤いを補給する
  • 潤いを閉じ込める
  • 潤いを保持する力を高める

保湿

1つめの潤いを補給するというのは、ごく普通の化粧水の効果ですね。


肌の表面に水分を介在させることで、乾燥することを一時的に防ぐのです。しかし、普通の水ではたれてしまったり、すぐに蒸発してしまうため、すぐに付着しやすいものや、蒸発しないようにヒアルロン酸のような水分をたくさん含む成分を使って保湿効果が持続するようにしているわけです。


2つめの潤いを閉じ込めるというのは、化粧水などで水分を補給した後に乳液などの油分を含んだものでカバーすることによって水分の蒸発を防ぐというものです。


3つめの潤いを保持する力を高めるというのが、実はニキビ跡の赤みを改善するうえで一番重要です


1と2に関しては外部から水分や油分を補給することによって一時的に潤いを保持するだけなので、言わば延命措置のための保湿です。


しかし、本当に重要なのは、肌の内側の水分をしっかりと保持する機能を正常な状態にする、つまり健康な肌にするための保湿なのです。


この点についてもう少し詳しく見てみましょう。

乾燥した不健康な肌はニキビができやすい

どうしよう

肌を健康な状態にするための保湿が大切であると言いましたが、健康な肌とはどんな状態を指すのでしょうか?


先に答えを言ってしまうと、しっかりと水分を保持することができている状態を指します。しかし、化粧水を塗ればいいという単純なことではありません。


肌の構造上、最も表面にある表皮と言われる部分には、皮膚の内部で生成された潤いを保持する機能があります。


それと同時に外部からの色々な刺激を受け止めて、肌の主役である真皮にまで届かないように守ってくれいるのです。


このような表皮の機能を保ってくれているのが、たった0.2mm程度しかない表皮の最も表層部にある角質層と言われるほんの0.02mmほどの薄膜です。


この角質層はものすごく複雑な構造で、細胞をブロック塀のように規則正しく配置させつつ、細胞同士のスキマには水分と油分を交互に何層も重ねた状態で介在しているのです。


水分と油分が交互に挟まれているため、油分の間にある水分は逃げ出すことができずにとどまることで潤いを与え、さらには外部からの不要なものの侵入を油分によって防ぎつつ、肌の内部の水分も油分によって閉じ込められているのです。


この水分と油分の層は細胞間脂質と呼ばれているものなのですが、この細胞間脂質の油分と水分のバランスが保たれている状態が健康な肌なのです。


肌が健康な状態であれば、しっかりと水分を保持できるために潤いがあり、刺激にも強くなるのですね。


では、不健康な肌とはどんなものなのでしょうか?


簡単に言ってしまえば、乾燥肌と言われる状態です。


これは加齢などによって皮膚の内部で水分を生み出す力が衰えているということもあるのですが、年齢が若くても乾燥肌になることがあるわけです。


その理由が、洗顔のし過ぎやターンオーバーの乱れによって、先ほどお話しした細胞間脂質の水分と油分のバランスが崩れてしまうのです。


例えば洗いすぎによって角質層の油分を取り過ぎてしまったり、ターンオーバーが乱れて古くなった角質層が残り続けることで、油分が少なくなった状態になり、内側の水分が漏れてしまったり、外側から刺激物が侵入しやすい状態になってしまうのです。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みの洗顔方法とおすすめの洗顔料


このように細胞間脂質の油分が少なくなることで、潤いの無い乾燥した状態になり、結果的に刺激にも弱くなるため、いわゆる敏感肌と言われるような症状になるのです。


敏感肌の人の多くが乾燥肌にも悩むのはこういった理由があるのです。


ここで、乾燥肌になって肌が不健康な状態になると防御反応として体は角質層を厚くしようとするのです。


細胞間脂質の油分が不足しているために、肌を守ったり水分を保持する力が落ちているので修復が必要になります。そこで肌は急いで新たな角質層を造ったり、古い角質層を残し続けることで壁を厚くしようとするのです。


これで角質層が厚くなって解決すると思われるかもしれませんがそんなことは無く、新しい皮膚を急いで作ってしまうため未完成の状態ものをどんどん表面に押し上げてしまうので、肌を守る機能が弱いんですね。


そのため、乾燥しやすい肌であることは変わりなく、さらに古い角質層も残し続けているためにそれが毛穴が詰まりやすい状態となってニキビができやすい状態になってしまうのです。


こうなるとニキビはできやすいし、刺激には弱いということでニキビ跡の赤みが治りにくい肌の出来上がりです。


この悪循環を修正するために、角質層に必要な油分をしっかりと補うような保湿によって肌を健康(正常)な状態にしてあげることが重要なのです。


ニキビ跡の赤みに必要な保湿

ここまでで、肌を健康な状態にすることがとても大切であることは分かっていただけたかと思います。


では実際にどんなものがニキビ跡の赤みの保湿に適しているかというと、



といったものになりますね。


赤みはそもそも炎症によるものですから、炎症を抑えることで肌へのダメージを緩和して新しい肌を作る能力を修復してあげることが大切ですね。


さらに、角質層にしっかりと浸透して角質層内の細胞間脂質に働きかけるものが良い訳です。


一般的な水分補給を目的とした化粧水というのは、実は角質層が肌を守る機能によって弾かれて細胞間脂質に働きかけることはできません。しかし、油溶性の成分や細胞間脂質に近い脂質を使った成分を配合した化粧水であれば、角質層に浸透することができるのです。


このような条件を満たすスキンケア用品はあまりないのですが、やっぱりニキビ跡専用の化粧水がいいと思います。


単純に炎症を抑えるだけであれば他にもいいものはあるのですが、ニキビ跡の赤みを消すのと同時に新たなニキビを予防したり、角質層に浸透するように工夫されたものとなるとやっぱり専用のものが一番バランス が取れいているでしょう。


もしも、ニキビ跡の赤みを改善するための化粧水を探しているのであれば、ニキビ跡専用のものを使ってみることをおすすめします。


スキンケア方法やおすすめの化粧水などを紹介(TOPページ)
ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!