ニキビ跡の赤みにおすすめの美容液ランキング

MENU

肌に合った美容液でニキビ跡の赤みを徹底ケア

美白

ニキビ跡に悩んでいて早く綺麗になって欲しいという思いから美容液を探しているという方は多いと思います。


でも、実際に調べて見てもニキビ跡用の美容液ってほとんどないのでどれがいいのかよくわからないと迷っている方も多いでしょう。


また、今すでにニキビ跡の赤みに合った化粧水を使っているけど、もっと効果を実感したいから美容液も追加で使用してみたい方もいるでしょう。


そんな方の参考になるように



といった内容を紹介します。


ニキビ跡の赤みの改善に美容液を使った方がいい理由

ニキビ跡の赤みをケアするうえで美容液が必ずしも必要というわけではありませんが、できることなら化粧水のあとに使った方がいいでしょう。


その理由は


  • 肌の悩みにピンポイントのものが多い
  • 部分的な肌の悩みにも使いやすい

といったことが挙げられます。


化粧水と違い美容液は肌の悩みに特化している

一般的に美容液は化粧水と比べると、


  • ボトルが小さい
  • 特定の美容成分が高濃度に凝縮されている
  • 1回あたりの使用量も少ない

といったもものがほとんどです。


このことからもわかるように、美容液は肌の特定の悩みを改善する目的で使用されるものなので、化粧水だけでは物足りない、または肌の悩みをできるだけ早く改善したいという方こそ使用するべきです。


美容液は部分使いにも適している

さきほども説明した通り、美容液は美容成分を高濃度に凝縮しているため、化粧水に比べるとかなり少量の使用で効果が期待できるため一部分だけの肌の悩みを解決するのにぴったり。


ニキビ跡の赤みに悩んでいる場合でも、ニキビ跡が広範囲に広がっているのであれば化粧水も含めて見直してみる必要がありますが、一部分だけに跡が残っているような場合には高濃度の美容成分を配合した美容液をピンポイントで使用したほうがいいでしょう。

ニキビ跡の赤みケアに合った美容液の選び方

では、ニキビ跡の赤みをケアしたい時にどんな美容液を選べばよいでしょうか?


基本的にはニキビ跡の赤みケアに使う化粧水の選び方で説明したものと同じで、


  • ビタミンC誘導体
  • プランセンタ
  • グリチルリチン酸ジカリウム

といった成分です。


これらの成分は炎症を抑えたり、炎症による色素沈着を予防、さらにはターンオーバーを改善する効果が期待できるため、ニキビ跡の赤みのケアにぴったりです。


特にビタミンC誘導体は期待される効果の範囲が広いため、ニキビ跡だけでなくニキビの予防や毛穴が気になる方にもぴったりなので、ニキビ跡の赤みケアをするならビタミンCを配合した美容液を選ぶとよいでしょう。


ただし、ビタミンCは乾燥しやすく刺激を感じやすいという面もあるので、乾燥肌がひどい場合や敏感肌の場合には使用を控えた方がいいでしょう。


特に美容液の場合は化粧水に比べて高濃度のビタミンCが配合されていることが多いので、炎症を悪化させてしまうかのうせいがあります。


そのため、乾燥や敏感肌が気になっている場合には、まずは肌の保湿力やバリア機能を高めるために必要な成分であるセラミドを補う美容液の使用を検討してみて下さい。


まとめると、ニキビ跡の赤みをケアしたいなら


  • ビタミンCを配合した美容液がおすすめ
  • ただし、乾燥肌・敏感肌の方はセラミド配合の美容液

を選んでみるといいでしょう。


ニキビ跡の赤みにおすすめの美容液ランキング

ビタミンC誘導体美容液BEST3

 
シーボディ VCエッセンス

VCエッセンス

商品の特徴

ビタミンC誘導体を配合したVCシリーズの美容液であるVCエッセンスは、ビタミンCだけでなくターンオーバーを促すプラセンタ、さらに抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているのでまさにニキビ跡の赤みケアにぴったり。

VCエッセンスを試してみたいという方は、まずは化粧水、美容液、クリームが入って1,800円、しかも30日間の返金保証付きのお試しセットで効果を実感してみて下さい。

価格(お試しセット) 1,800円+税
送料 無料
評価 評価5
注目ポイント
  • ビタミンC誘導体、プラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムを配合した美容液
  • 美容液に化粧水、クリームが付いて1週間試せるセットが1,800円
  • 30日間全額返金保証付き

シーボディ公式サイト
 
 
b.glen(ビーグレン) Cセラム

ビーグレン Cセラム

商品の特徴

ビーグレンの美容液であるCセラムは、ニキビやニキビ跡に悩む方に人気の高濃度のピュアビタミンC美容液です。

QuSome(キューソーム)と呼ばれる独自のマイクロカプセル技術によって、高濃度でありながら刺激を抑えつつ角質層に浸透させることに成功。

Cセラムを含むビーグレンのニキビ跡向け4点セットが1,800円で試せて、さらに365日間の全額返金保証付きです。

価格(お試しセット) 1,800円+税
送料 無料
評価 評価4
注目ポイント
  • 使用後に温かみを感じるほどの高濃度のピュアビタミンC美容液
  • 独自マイクロカプセル技術で角質層まで浸透しなが刺激を緩和
  • ニキビ跡向け1週間トライアルセットが1,800円+税で365日返金保証付き

ビーグレン公式サイト
 
 
オバジ Cセラム

オバジ

商品の特徴

ロート製薬が開発した独自技術で、高濃度のピュアビタミンCを角質層へしっかり浸透しつつ、ビタミンEの配合も実現させた人気の美容液。

C5、C10、C20と数値の大きいものほど濃度が高く効果も実感しやすいのですが、刺激も強くなるためまずはC5がおすすめ。

使用感や効果で人気ですが香りが芳香剤のような感じでクセがあるので、匂いに敏感な方はちょっと使いにくいので注意が必要です。

価格(税抜) C5 (10ml):3,000円
C10 (12ml):4,000円
C20 (15ml):8,000円
送料 無料
評価 評価4
注目ポイント
  • 有名メーカーであるロート製薬が開発
  • 高濃度ピュアビタミンCにビタミンEも配合
  • ビタミンC濃度別にC5、C10、C20の3種類のラインナップ

amazon
 

セラミド配合の美容液 BEST3

 
ライースリペア

ライースリペア

商品の特徴

肌の水分保持やバリア機能に欠かせないセラミドを“補うのではなく生み出す”という新発想のコスメ。

日本で唯一、水分を保持機能の改善が認められら成分である「ライスパワーNo.11」を配合した医薬部外品。

ライスパワーNo.11を配合した化粧水・美容液・クリームの3点セットを10日間じっくり試すことができます。

価格(お試しセット) 1,750円+税
送料 無料
評価 評価5
注目ポイント
  • セラミドを補うのではなく生み出す肌へ改善するという新発想のコスメ
  • 水分の保持機能改善効果が認められた唯一の成分を配合)
  • 化粧水・美容液・クリームの3点セットが1,750円(税抜)

リプロスキン公式サイト
 
 
エトヴォス モイスチャライジング
商品の特徴

エトヴォスモイスチャライジングシリーズの美容液は、皮膚に含まれるセラミドに最も近い「ヒト型セラミド」を配合。

セラミドが減少して乾燥しやすく刺激に弱くなりがちな肌をしっかりとケアし、トラブルの起きにくい健康な肌への改善をサポート。

まずは美容液に加えて、洗顔石鹸・化粧水・クリームを2週間使えるトライアルセットを試してみてください。

価格(お試しセット) 1,900円+税
送料 無料
評価 評価4.5
注目ポイント
  • 過剰なケアや生活習慣の乱れなどで失われがちなセラミドをしっかり補う
  • 人の皮膚に含まれるセラミドに最も近いヒト型セラミドを配合
  • 人気の美容液に洗顔・化粧水・クリームがついて1,900円(税抜)

エトヴォス公式サイト
 
 
ノブ バリアコンセントレイト

ノブ バリアコンセントレイト

商品の特徴

30年の研究結果から生み出された臨床皮膚医学に基づくスキンケアラインとして人気のノブVシリーズ。

その中でも敏感肌の方に人気の美容液バリアコンセントレイトは、ノブ独自のセラミド液晶化技術によって皮膚に存在するセラミドと同じ構造にして角質層への浸透力アップ。

まずはバリアコンセントレイト(10回分)に加えてメイク落としや洗顔などの豪華8点セットでお得に効果を試してみてください。

価格(お試しセット) 1,500円+税
送料 無料
評価 評価4
注目ポイント
  • 臨床皮膚医学に基づいたスキンケア
  • セラミド液晶化技術で皮膚のセラミドと同構造にして角質層への浸透力アップ
  • 美容液を含む豪華8点セットが1,500円で試せる

ノブ公式サイト
 

色素沈着したニキビ跡には美白美容液

ニキビ跡が色素沈着した場合は、赤みの場合と違って炎症ではなくてメラニン色素が原因なので異なる対処が必要です。


美容液に期待する効果も炎症を抑える効果ではなくメラニン色素に働きかける効果、つまり美白効果が必要です。


美白美容液と言えばビタミンC誘導体を配合したものもおすすめの1つですが、メラニン抑制効果としてビタミンCの約100倍と言われているハイドロキノンを配合した美容液がおすすめです。


 参考記事:ニキビ跡に効くハイドロキノン!赤みや色素沈着への効果は?

クレーター(凸凹)タイプのニキビ跡に効果の美容液はある?

ニキビ跡に悩む方の中には、赤みだけでなくに凸凹(いわゆるクレーター)タイプのニキビ跡を改善するために美容液を探している方もいるでしょう。


他の記事でも伝えていますが、クレーターは傷跡などと同じで再生不可能な部分まで傷ついてしまった状態なので、スキンケアのレベルで改善することはありません。
(化粧品でお肌がふっくらとすることで多少目立たなくなる可能性はあるけど、根本的な解決ではありません。)


そのため、クレーターになってしまった場合に根本的な改善を望むのであれば、スキンケアではなくて美容皮膚科での治療などを検討することをおすすめします。


 参考記事:ニキビ跡の赤みがクレーターになってしまった時の治し方