運動は美肌に欠かせないもの

ジョギング

ニキビ跡の赤みを消すために運動が必要と言われても、いまいちピンと来ないかもしれませんが、運動をすること自体が美肌を作るということはよく聞く話だと思います。


実際にお肌をキレイにしたい方にとってはいいことばかりなので、ニキビ跡を早く綺麗にしたいという方は運動する習慣を取り入れて欲しいと思います。


経験上ですが私の周りでスポーツクラブに通ったりジョギングが習慣という方は、もれなく肌がきれいです。


あなたの周りでもそんな傾向はないですか?


しかも、関係性は不明ですが運動の習慣がある方はすごく性格のいい人や明るく活動的な人が多いような気がします。


一般的に痩せるための手段として認識されているジョギングやウォーキングですが、ニキビ跡の赤みがなかなか消えないと悩んでいる方にも有効なので、まずはどんな効果があるのかということを理解して下さい。


運動によってニキビ跡の治りが早くなる理由

どうして

スポーツなどの体を動かすことが何となくお肌によさそうということは誰もがイメージしていることだと思いますが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか?


先に結論を言ってしまうと、運動をすることによってニキビ跡の赤みが治るのを早めてくれる効果が期待できます。


どうしてニキビ跡が治りやすくなるかというと、運動は肌のターンオーバーを促進させるための要素がたくさんあるからなんです。


別の記事でニキビ跡の赤みを消すためにはターンオーバーを整えることが重要であるということを説明しました。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みを消すにはターンオーバーを整えることが大切!


また、新しい健康な皮膚を作るためには当然栄養素が必要で、栄養素をしっかりと必要なところに届けるためには血行を促進することが大切であるということにも触れました。


運動によって血行促進をすることができますが、肌へのメリットはそれだけではありません。血行促進と併せてターンオーバーを整えるためにプラスになる効果を挙げると


  • 血行促進
  • ストレス解消
  • 睡眠の質の向上

といったものがあります。


では、今挙げた3つの効果について詳しく説明しましょう。


血行促進

血行促進

体を動かすためには筋肉を使いますが、筋肉は酸素や脂肪を使ってエネルギーを作り出すときに熱を発生させます。


そのため、運動をすると体が熱くなって汗をかきますが、皮膚の温度が上がることによって毛細血管が拡張し、血液の流れが良くなります。


また、運動をしている時の筋肉の状態をイメージするとわかりますが、力を入れると筋肉は膨らみますね。


この筋肉が膨らむ動きによって血管が圧迫されて、血液の流れを促進してくれるのです。


肌のターンオーバーは皮膚表面にある表皮で行われるため、必要な栄養素は真皮にある血管を通って表皮に送られて初めて皮膚が作られるわけですから、血液が毛細血管の細部までしっかりと行きわたっていることが重要になるのです。


そのため運動をして血行を改善してターンオーバーを促進させることで、ニキビ跡の赤みの治癒を早める効果が期待できるというわけです。


普段から肩こりや足のむくみがある方は血行不良である可能性が高く、運動によるメリットを受けやすいはずなので、ぜひとも身体を動かす習慣を取り入れてみて欲しいと思います。


ストレス解消

ストレス解消

ターンオーバーを整えるについて書いたときにストレスが自律神経に影響を与えて睡眠の質を落とすため、ストレス解消を心がけるべきだといいましたが、運動はストレス解消にもなるのです。


ジョギングなどの有酸素運動をすることで脳にセロトニンと言われるホルモンが分泌されることが知られていますね。


このセロトニンは幸せホルモンと言われ、うつ病などの克服にもなると言われており、セロトニンが分泌されると非常に気持ちが前向きになるということが分かっています。


ジョギングなどで汗をかくとスッキリとした気分になるのもこのセロトニンのおかげなのです。


よって、仕事などが忙しくてイライラすることが多いと感じている方は、休日にダラダラと過ごすよりも程よく体を動かすことによって、ストレス解消や美肌、ダイエット効果などメリットがいっぱいなのです。


ただし、激しい筋トレなどは逆効果なのであくまでも負荷の低い運動を無理のない範囲でやることが大切です。


睡眠の質の向上

良い睡眠

質の良い睡眠は肌のターンオーバーを開始するための指令となる成長ホルモンの分泌に欠かせないものですが、運動をすることによって程よい疲労感を得るとよく眠れるようになります。


例えば、旅行などで普段よりもたくさん歩いたら、いつもじゃ考えられないくらい早い時間に寝てしまったという経験をしたことはありませんか?


実際に、ノンレム睡眠(深い眠り)の時間が運動をしていない日よりも、した日の方が長くなる、つまり睡眠の質が向上するという研究結果があるのです。


もちろん、寝る直前の運動は自律神経を刺激して興奮状態になって眠り難い状態になってしまう可能性があるので、できるだけ早い時間に切り上げるようにしましょう。


汗をかくと毛穴が綺麗になる?

汗と毛穴

運動をしてたくさん汗をかくと毛穴の汚れも汗と一緒に噴き出してきれいになりそうなイメージがありませんか?


これは勘違いしている方が結構いると思いますし、私も以前はそう思っていました。


だから運動をすることでニキビの原因である毛穴の詰まりを防いでくれるんじゃないかと思っていました。


でも、実際に汗がでるのは毛穴ではなく汗腺なので、汗をたくさんかいたところで汗が直接毛穴の汚れを取ることはありません


ただし、さきほどから言っているように運動することによってターンオーバーの改善にはつながるため、結果的に毛穴が詰まりにくい体質になるということは期待できるわけです。


毛穴が詰まるのは思春期の皮脂分泌が過剰な時期を除くと、たいていの場合はターンオーバーの乱れによって古い角質が毛穴を埋めてしまうことから始まります。


そのため、運動をすることで汗をかくことがなくても、血行がよくなったり睡眠の質が上がることによって、ニキビができにくい肌になったり、毛穴が目立ちにくい肌になる可能性があるわけです。


まとめ

なるほど

以上のように、運動というのはターンオーバーを整えるために必要なことが網羅されているのです。


ニキビ跡の赤みにとって運動は良いことだらけなのは言うまでもないですが、その他にももっと広範囲に渡る効果が期待でき、美しくなるために欠かせないものなのです。


ニキビ跡を治そうと思って始めた運動によって、足のむくみが改善したり、体重が減ったり、ストレスが解消されて前向きになったり、肌がきれいになるという超好循環になるかもしれないわけです。


それほど疲れるわけじゃないけど身体が温かくなるという程度の負荷の運動でいいと思うので、ちょっとずつ習慣になるよう取り組むことが美肌の第一歩です。


もちろん、汗をかいたあとに顔も洗わずに過ごしていたら本末転倒ですから、しっかりと運動とともに正しいスキンケアを実施することも忘れないでください。


スキンケア方法やおすすめの化粧水などを紹介(TOPページ)
ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!