ニキビ跡の赤みに効く栄養素とサプリメント

MENU

ニキビ跡の赤みの改善にサプリメントがおすすめ

栄養

ニキビ跡の赤みを治すためには、化粧水や美容液などの外側からのケアと同時に、食事などの内側からのアプローチをした方が良いのは当然ですね。


内側からのケアによってターンオーバーをより促進することで、健康で刺激に強い肌になり、さらには炎症によってダメージを受けた肌を新しい肌へと入れ替えることができるからです。


そこで、ターンオーバーには様々な要素が複雑に絡んでいますが、基本的には皮膚を作るための細胞の活動です。


そのため、当然ですが肌を作るための栄養素が必要不可欠なわけです。


肌に限らず私たちの体を構成するどんなものを作るうえでも、まず必要なのは素材となるものですよね。


おいしい料理を作る方法を知っていても、必要な素材が無ければ作ることができません。


同じように、ダメージを受けたニキビ跡の赤みを治そうとしても、皮膚を作るための素材となる栄養素が無ければ何も作ることができないのです。


そのため、トラブルの起きた肌を正常な状態に戻してあげるために必要な内面的なアプローチとして、必要な栄養素をしっかりと摂取することが大切です。


そこで、どんな栄養素を摂るべきかということや、ニキビ跡の赤みにおすすめのサプリメントを紹介していますので参考にしてみて下さい。


ニキビ跡の赤みのケアに必要な栄養素

必要な栄養素

ニキビ跡の赤みを治すために必要な栄養素ってどんなものかイメージできますか?


いきなり栄養素について考えると難しいと思いますので、もう少し原因と対策の部分を整理してみましょう。


ニキビ跡の赤みが残る原因」でも紹介した通り、基本的には活性酸素などにより傷つけられた肌が炎症を起こしていることが原因でしたね。


対策としては、さきほど触れた通りダメージを受けた肌を健康な肌と入れ替えるターンオーバーが重要になってくるわけです。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みを消すにはターンオーバーを整えることが大切!


また、そもそものところでニキビ跡が残ってしまうというのはニキビができてしまうことが原因なわけですから、ニキビができないようにすることも大切です。


そのためには、毛穴を詰まらせないことが必要ですね。そうすると、皮脂の過剰な分泌を抑えること、そして古い角質が残らないようにすること、つまりターンオーバーが正常であることが重要になってくるのです。


よって、原因と対策を考えた時に必要なことは


  • 皮脂を抑えること
  • 活性酸素を減らすこと
  • ターンオーバーを整えること

なのです。この3つの役割を手助けする栄養素を摂取すればいいわけですね。


では、どんな栄養素が必要かというと


  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE

の4つです。


ニキビ予防や肌荒れ対策などの美容に関する栄養素について調べれば、必ず出てくると言っても過言ではないおなじみ4つですね。


必ず一度は耳にしたことがある栄養素なのに、意外とどんな効果があるのかはっきりとわかっていないものですよね。


この機会に、それぞれの栄養素がどんな働きをしているのか整理しておきましょう。


ビタミンB2

レバー

ビタミンB2はレバーなどの動物性食品やのりなどの海藻類に多く含まれるもので、脂質の代謝を助けてくれるビタミンです。


脂肪はエネルギーとして使う時のために体に蓄えられますが、いざ使う時にエネルギーへ変換するためにはビタミンB2が必要になるのです。


そのため、ビタミンB2が不足すると、脂質を溜めこみやすくなり、皮脂の分泌が多くなりやすくなるのです。


皮脂が多くなるとそれ自体が毛穴の詰まりを引き起こしてニキビになりやすくなるだけでなく、皮脂に含まれる脂肪酸が活性酸素と結合(酸化)すると肌の炎症を引き起こす過酸化脂質というものになってしまうのです。


この過酸化脂質がニキビやニキビ跡の炎症を悪化させてしまう原因になるために、赤みが治りにくくなるのです。

ビタミンB6

マグロの赤身

ビタミンB6は魚の赤みやピーナッツに多く含まれるもので、タンパク質の代謝を促進させてくれるビタミンです。


私たちの体の骨格や筋肉、髪の毛は皮膚というのはたんぱく質からできていますね。


たんぱく質というのは摂取した後にそのままの形で体内に保存することはできないので、いったんアミノ酸という細かい形に分解されて保存されるのです。


そして、いざ新しく皮膚を作る必要が出てきたときに、保存しておいたアミノ酸を再び組み立ててたんぱく質を作り、それを使って皮膚を作るわけです。


そのため、ビタミンB6が不足すると新しく皮膚を作るターンオーバーが乱れやすくなってしまうということなんです。

ビタミンC

レモン

これはもうお馴染みのビタミンですね。野菜ならピーマンやブロッコリー、果物ならアセロラやいちごですね。


ビタミンCは皮脂の抑制や炎症を抑える作用などたくさんの効果があるのですが、お肌にとってはなんといっても抗酸化作用が一番の役割でしょう。


肌の細胞を劣化させることで有名な活性酸素といち早くくっつくことによって、活性酸素を抑えてしまうわけです。


活性酸素を抑制するということは、ビタミンB2のところで触れた過酸化脂質の抑制や、ニキビ跡がシミのように色素沈着してしまうことを防ぐ作用につながるのです。


また、肌の内部でハリや弾力を支えているコラーゲンという成分を作るのにビタミンCが使われるため、健康的なお肌を作るためにも役立ちます。


ビタミンCは他の栄養素と違って肌に直接浸透させることができるので、もし他の栄養素が必要ないという方はサプリメントよりもコスメを利用した方がいいでしょう。


 >参考記事:ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液


余談ですが、ビタミンCを含む代表的な食材と言えばレモンですが、実はレモンはいちごよりもビタミンCの含有率が少ないのです。


しかし、加工食品などのビタミンC量をイメージしやすくするために「レモン○○個分」と表現していたところ、レモンが一番ビタミンCを多く含んでいるという誤解が生まれてしまっているのです。

ビタミンE

ナッツ

これも抗酸化作用として有名なビタミンで、アーモンドなどのナッツ類やひまわり油などの植物性油に多く含まれています。


先ほど紹介したとおり、ビタミンCにも同じ抗酸化作用があるわけですが、ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性という違いがあります。


そのため、簡単に言ってしまえば働く場所がちょっと違うのです。


ビタミンCは水分に交じって酸化を防ぎ、ビタミンEは臓器や粘膜などの脂質に入り込んで酸化を防いでいるわけです。


肌というのは水分と油分の両方を合わせた性質であるため、肌の酸化を防ぐためにはビタミンCとEの両方が必要になってくるのです。


以上をまとめると、


  • ターンオーバーの改善:ビタミンB6
  • 皮脂の抑制:ビタミンB2
  • 抗酸化作用:ビタミンC、E

となりますね。


ここまでで、ニキビ跡の赤みの改善に必要なことと、そのために摂取すべき栄養素がわかりましたね。


しかし、このような栄養素をどのようにして摂取するか?という問題が出てきます。


もちろん、各栄養素を豊富に含んだ食材をそのまま食べることができれば手間がかからなくていいのですが、味の好みなどの問題から現実的ではありません。


摂るべき栄養素がわかっても、どうやって実践するかというところで理論と実践の壁がでてきてしまうのですね。


次に、この栄養素をどのようにして継続的に摂取すべきかという問題について考えてみましょう。


ニキビ跡の赤みにいい栄養素を摂るならサプリメントを活用しよう

サプリ

一般的に必要な栄養素を補給するなら、可能であればサプリメントではなく食材の方がいいと言われていますよね。


当然人工的なものよりも自然の食品から摂取することができるのが理想です。


ただ、必要な栄養を摂る手間や費用を考えた時に、本当に食材から準備することが可能かどうか?が問題になってきます。


例えば、実家暮らしで親がご飯を作ってくれているとしても「ニキビ跡の赤みにいい栄養素の入った料理を作って!」と自分一人の都合に合わせたメニューを頼むのはちょっと気が引けますよね。


よほど時間を持て余しているなら可能かもしれませんが、お母さんだって忙しいし、栄養素からレシピを考えるのは簡単ではありません。


また、一人暮らしの場合はもっと難しいでしょう。


そもそもニキビア跡の赤みが残りやすくなってしまうのは、仕事などで忙しくて食生活の偏りや睡眠不足、ストレスの過多などが重なっていることが原因なのに、さらに栄養満点の料理のために自炊をしようなんて現実的じゃないですよね。


こういったことを考えても、必要な栄養素で不足している分についてはサプリメントで補う方が現実的だと思うのです。


また、自分ひとりだけのために食材を買うとなると実は結構な値段になってしまうものです。


1回あたりの買い物の量でみると、それほどの金額ではないかもしれませんが、1ヶ月分で計算すると食材を買い揃えるよりもサプリメントの方が経済的である場合がほとんどなのです。


つまり、ニキビ跡の赤み対策として必要な栄養素をしっかりと継続して摂取するのであれば、継続のしやすさと経済性を考えるとサプリメントが一番バランスが取れていると言えるでしょう。


もしも、現在ニキビ跡や繰り返すニキビに悩んでいて栄養面に不安があるという方は、日々の食事のサポートにサプリメントを取り入れてみるといいでしょう。


ニキビ跡の赤みのケアにおすすめのサプリメントランキング

ニキビ跡の赤みにいいサプリメントの選び方として大切なのはこれまでお話ししてきたビタミンが配合されていることがまず第一ですね。


それに加えて、ニキビ跡の場合はニキビを予防することだけでなく、現在進行中の炎症を抑えるような効果が期待できることも大切です。


つまり、


  • ビタミンB、C、Eで肌本来の働きを取り戻すこと
  • 今ある炎症などの症状をしっかりと抑制できること

が大切になってくるのです。


以上の2点を考えて、ニキビ跡の赤みにいいサプリメントをランキング形式で紹介します。


 
緑の知恵
緑の知恵

商品の特徴
製薬会社が作ったサプリ!今ある症状もしっかりケア!

きれいなお肌を作るうえで大切なビタミンB2、B6、C、Eをしっかりと配合しつつも、今あるニキビ跡などの炎症に効果が期待できるシソ葉エキスや、抗酸化作用が注目されているポリフェノールを多く含むキウイ種子エキスなど、炎症を抑える効果が期待できる天然成分が豊富に含まれています。

また、睡眠サポート成分も含まれているため、生活習慣や食生活が乱れた大人女子にはピッタリのサプリメントです。

価格/月 初回1,800円+税
(※定期コース)
定期コース条件 いつでも解約OK
評価 評価5

緑の知恵公式サイト
 
 
TURURI(ツルリ) BB
ツルリBB

商品の特徴
抗酸化成分が多数!嬉しい120日間返金保証付き

こちらはもビタミンB、C、Eに加えてアサイーやマキベリーといった抗酸化成分であるポリフェーノール、さらに腸内環境をケアする乳酸菌など、今ある症状よりも予防効果が期待できる成分を多く含んでいます。

よって、繰り返すニキビによってニキビ跡がなかなか消えないという方のニキビ再発防止にいいと思います。また、定期購入は4ヶ月継続が条件ですが、120日間の返金保証付きなので安心して効果を確かめることができます。

価格/月 初回500円(税込)
(※定期コース)
定期コース条件 最低4ヶ月間継続
評価 評価4

TURURI BB 公式サイト
 
 
東洋の恵み

商品の特徴
ビオチンを配合したニキビ専用サプリメント

こちらビタミンHとも言われるビオチンを配合していることが特徴です。ビオチンは皮膚や粘膜の健康維持や炎症を抑える効果が期待できるので、ニキビ肌にぴったりです。

また、ハトムギやセサミンと言った美肌効果の期待できる成分を多数配合していて、一般的なマルチビタミンと差別化しているため、マルチビタミンではあまり効果の感じられなかった方におすすめです。ただ、少し価格が高いのが惜しいところですね。

価格(税込) お試し1本6,980円
3本セット12,800円
定期コース条件 -
評価 評価3

東洋の恵み公式サイト