オロナインってニキビ跡に効くの?

オロナイン

ニキビ跡の赤みに悩んでいる方の中で、結構多くの方がオロナインが効く!というような噂を聞いたことがあるのではないでしょうか?


ここ数年、どういうわけかニキビや毛穴パックなどスキンケアに関するいくつかの分野でオロナインの効果が取り沙汰されることが多くなったような気がします。


そもそもオロナインの効果効能としてどのようなものがあるのかというと以下の通りです。


効能・効果
にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも(引用元:大塚製薬 オロナインH軟膏


このように一番最初に「にきび」と記載されていることから、ニキビ跡の赤みにも効果があるのでは?という疑問を持っている方が多いようですね。


そのように考えてしまう理由としては、


効能の欄に「ニキビ」と記載されている ⇒ ニキビはアクネ菌による炎症である ⇒ 炎症によって残った赤みにも効果がある


というように徐々に効能として書かれていることの意味が拡大解釈されて、炎症を抑える効果があるというように認識されていったのでしょう。


確かに赤ニキビに効果があるなら、その後に残る赤い跡にも効果的であるような気がしますね。


でも結論を言ってしまえば


オロナインはニキビへの効果は期待できるけど、ニキビ跡の赤みには効果は期待できない

ということです。


実際に私はニキビ跡に悩んでいる時期に使ったことがありますが、赤みが消えるようなことはありませんでした


では、オロナインはニキビには効くのに、どうしてその跡には効果が感じられなかったのでしょうか?


そもそもどんな効果があるの?

効果について

多くの方が子供の頃から傷や火傷に効くということで馴染みのあるオロナインですが、そもそもどんな効果があるかご存知でしょうか?


本品に書いてある通りですが、オロナインの基本的な効果は「殺菌・消毒」ですね。


有効成分として配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩というものは、主に消毒として利用される成分なんです。


オロナインって万能薬というイメージがある理由は、主な効果が「殺菌・消毒」であるためなんですね。


当たり前ですが外傷であればどんなものだって、ばい菌が入らないように消毒することで化膿を防いだ方が早く治るのは誰もが知っていることだと思います。


そのため、傷や軽い火傷などの諸症状に塗ることによって、ばい菌が侵入して膿んでしまうのを防いで治りやすくしてくれるので、様々な症状に効果があるというわけです。


繰り返しますが、オロナインの基本的な効能は「殺菌や消毒」であることをしっかりと頭に入れておいて下さい。


ニキビそのものには効果があり!

マル

ニキビ跡の赤みにオロナインに効果があるかどうかの前に、どうしてニキビに効果的なのか?というところを理解しておきましょう。


オロナインの容器などに明示されている効能の部分にはしっかりと「ニキビ」と書かれていますが、さきほども言ったように主な効果は消毒です。


では、消毒や殺菌といった作用がどうしてニキビに効果的なのでしょうか?


ニキビというのは、簡単に言ってしまうと毛穴の中で菌が増殖したもので、その菌が原因で化膿したり炎症を起こしてしまったりするものなんですね。


まずは毛穴が詰まって、その中でみなさんご存知のアクネ菌が増えて、皮膚の細胞にダメージを与えて炎症を起こして赤くなるのです。


当然、私たちの体は不要なアクネ菌の増殖を防ぐために、免疫細胞が働いてアクネ菌を退治しようとします。


このときに、アクネ菌との戦いでアクネ菌と一緒に死滅してしまった免疫細胞たちが毛穴の中に溜まったものが膿(うみ)なんですね。


アクネ菌の発生により炎症を起こして赤くなり、アクネ菌退治で身を犠牲にした免疫細胞が溜まって膿が溜まってぷっくりと膨れて、誰もが知る赤ニキビという目立った状態になるのです。


つまり、主な症状の原因になっているのはアクネ菌であり、この菌をオロナインによって殺菌することによって、炎症を抑えたり、化膿するのを防いで治りやすい状態にしてくれることが期待できるわけです。


また、膿が排出されたときにできる傷にばい菌が入らないように消毒してあげることで、炎症を悪化するのを防ぐということも考えられますね。


ただ、間違ってはいけないのは、アクネ菌が発生する根本的な原因である毛穴のつまりを防ぐことができるわけではなくて、毛穴がつまってしまった後の症状に対して消毒をして悪化を防いでくれるということです。


よって、根本的な解決手段ではないので一時的な応急処置として使うものであって、スキンケアとして理想的なお肌を求めて使用するものではないことを忘れてはいけません。



ニキビ跡の赤みへの効果は無い!

バツ

ここまでの説明で、


  • オロナインは殺菌や消毒作用が基本
  • 殺菌作用によって、ニキビの悪化を防ぐことが期待できる

ということは理解してもらえたと思います。


ここで誤解しやすいのが、オロナインには炎症を抑える効果があると思ってしまうことです。


ここを勘違いしてしまうために、ニキビ跡の赤みにも効果があるという情報が出回ってしまうのでしょう。


さきほど、アクネ菌の発生によって肌が炎症を起こすという話をしました。


オロナインには殺菌作用があるためにアクネ菌をやっつけることで炎症の悪化を防ぐ効果は期待できるのです。


でも、炎症を抑える効果があるわけではありません・・・わかりますか?


実際に、容器などを見ても抗炎症作用などは一切書かれていないですよね?


つまり、炎症のもとになる菌を減らすこと(消毒)と、炎症そのものを抑える効果(抗炎症作用)は全く別のものであり、ニキビ跡の赤みの対策として必要なのは消毒ではなく抗炎症作用であるため、オロナインは効果が無いと考えられわけです。



炎症の原因と、炎症という症状そのものを分けて考えよう

手の跡

ちょっとわかりにくいので別の例で考えてみましょう。


ニキビ跡の赤みを引き起こす炎症とは何か?」という記事の中でも例として挙げましたが、太ももを手で思い切り叩いたときのことを想像して下さい。


想像しただけで痛々しいですが、当然太ももは赤くなってちょっと腫れてきますよね。


この現象はまさにニキビ跡の赤みのもとである炎症と同じなんです。


赤みが残ってしまうのは、アクネ菌の増殖によって肌の細胞が傷つき、それを修復しようとして毛細血管が増えたり拡張されて血液が一部分に集中してしまうからなんです。


そのため、局部的に赤くなって目立ってしまっているんです。ね


太ももを叩いた時も、叩くことによって肌の細胞がダメージを受け、これ以上のダメージを受け続けることを避けさせるために、痛みという情報を患部に伝達させつつ、ダメージを受けた患部を修復しようとして血液が増えるため、ニキビと同じように赤くなり腫れてくるわけです。


では、太ももを叩くのをやめてみましょうか。赤く腫れた状態は引きましたか?


当然、赤く腫れあがった状態が悪化するのは防ぐことができたと思いますが、赤くなったり腫れるという炎症反応自体は続いていますよね。


ジンジンとした痛みを感じつつ、まだ赤く腫れている状態だと思います。


オロナインをニキビに塗るのも同じことで、菌という炎症のもとになるものを退ける効果は期待できますが、体の反応として現れる炎症そのものを抑えてはくれないのです。


ではここで、ニキビ跡の赤みへの効果について考えてみましょう。


ニキビ跡の赤みというのは、すでにアクネ菌の発生や膿などは治まっているにも関わらず、ダメージを受けた皮膚の修復が続いている、つまり血管がまだ拡張されていたり、血管そのものが増えたままの状態ですね。


>参考記事:ニキビ跡の赤みが残る原因 | 原因を知ることが対策の第一歩!


そのため、アクネ菌を抑える効果のある消毒作用だけでは効果が無く、炎症を抑えることができないのです。


つまり、オロナインの殺菌作用はニキビのようにアクネ菌がまだ悪影響を与ぼしている場合は効果があるのですが、ニキビ跡の赤みのように炎症だけが続いているような状態に効果が期待できないと考えられるのです。


よって、ニキビ跡の赤みを治すためには、炎症を抑えつつ、ターンオーバーによってダメージを受けた皮膚を健康な皮膚へと生まれ変わらせることが必要になってくるのです。


くれぐれも、オロナインは赤ニキビに効いたから炎症を抑える効果があるんだ!と勝手な解釈をせず、書かれている通りの消毒作用だけが期待できる効果であるということを覚えておきましょう。