ニキビ跡の赤みに効く化粧水ならコレ!色素沈着する前に!

ニキビは治ったのに赤みだけ消えない・・・

赤み

ニキビができてからというもの、できることなら明日にでも治って欲しいと思いながら毎日我慢して、やっとニキビ自体は治って腫れが引いてきたと思ったら赤みが引かない・・・。


でもまあ1週間もすれば治るでしょ!と思って早数ヶ月・・・。


ニキビ跡の赤みが全然消えない・・・これじゃすっぴんなんて見せられない・・・


こんな嫌な気持ちのまま日々を過ごしている方は多いのではないでしょうか?


  • 鏡を見る度にウンザリ
  • メイクで隠すのも大変
  • 汚い肌がバレるから近づかれたくない
  • 友達との旅行にも抵抗がある
  • お泊りの時にすっぴんを見せる勇気がない

私もこんな風に悩んでいたことがありました。


友達の綺麗な肌を見ては、「どうして私ばっかり・・・」とか、「私もきれいな肌だったらもっと積極的になれるのに・・・」と暗い気持ちになっていました。


とにかく早くキレイに治したい!そう思って、「すぐに治す方法」のような一見すると効果のありそうなことをちょっと試しては次の方法に目移りすることの繰り返し


今考えてみると、すぐに治る方法なんてあるわけないのに、そんなものばかりを追い求めて本当に無駄な時間を過ごしてしまったと後悔しています。


少しでも早く綺麗なお肌を手に入れるためにも、ニキビ跡の赤みを消すために必要なことを正しく理解して、適切なスキンケアを実施することが大切です。


そこで、間違ったケアをしないためにも



などを紹介したいと思います。


ニキビ跡を早く治すなら赤みのうちに対策!

早めの対策

まだニキビ跡が赤みの状態であるなら、紫色や黒くなってしまった跡とは違って色素沈着しているわけではないので比較的治りやすい段階です。


炎症が悪化して跡が紫色になったり、シミのような黒い色になると治すまでにもっと時間がかかってしまいます。


さらに炎症がひどくなって肌がデコボコとしたクレーター状になってしまうとスキンケアで解決することができません


だからこそ、早く治したいのであれば色素沈着する前の段階である赤みのうちにできるだけ早く正しいケアを始めることが重要なんです。


そしてある程度時間がかかることを覚悟して、しっかりと1つの方法に絞ってじっくりと対策を実施していくことも大切です。


私のように短期的に治そうとしてやることすべてが三日坊主になってしまった結果、何の効果も得られずに半年以上も無駄な時間をかけてしまうことがないようにして欲しいと思います。


ニキビ跡の赤みを改善するためのスキンケアのポイント

では、ニキビ跡の赤みを消すためのスキンケアのポイントはどのようなことでしょうか?


それは、


  • 炎症を抑えること
  • シミ予防(メラニン色素の抑制)
  • 新陳代謝促進
  • 長期間継続すること

という4つの点なんです。


ケアのポイント

あまり認識していない方も多いのですが、私が経験したようにニキビ跡は炎症を悪化させてしまうと、メラニン色素が発生して黒っぽいシミのような状態になってしまうことがあるのです。


そのため、炎症を抑えるということに加えて、炎症が悪化して黒いシミのような色素沈着へと発展しないようにメラニン色素を抑えることが必要です。


さらに、ニキビによるダメージによって傷ついた肌を新しく健康な肌に再生するために肌のターンオーバー(新陳代謝)を改善することが大切になってきます。


肌のターンオーバーには20歳の健康なお肌でも1ヶ月ほどかかると言われています。


しかもニキビによって傷ついていたり、加齢や不規則な生活習慣などの影響があるとターンオーバーに2ヶ月以上かかることもあるため、1週間や2週間といった短期間で簡単に綺麗に治すことは難しく、どうしても2ヵ月以上の間スキンケアを継続する必要がでてくるのです。


ポイント

ここで上記の4つのポイントを満たすような複数の効果を得るためのスキンケアをするにはどうしたらいいでしょうか?


おすすめなのが


ビタミンC誘導体を配合した化粧水、またはニキビ跡用の化粧水を使ったケア

なのです。


ビタミンC誘導体は、抗炎症作用やメラニン色素の抑制、さらにコラーゲンの生成促進などの効果が期待できるため、まさにニキビ跡の赤みの症状にぴったり


ただビタミンC誘導体が肌に合わなかったという経験をお持ちの方もいると思うので、その場合にはビタミンC誘導体に近い効果が期待できるプラセンタ(メラニン色素の抑制)やグリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症作用)を配合したニキビ跡用の化粧水が合うと思います。


そのため、ニキビ跡ケアのための化粧水(または美容液)の選び方としては


  1. まずはビタミンC誘導体を配合した化粧水
  2. グリチルリチン酸ジカリウムを使ったニキビ跡用化粧水

という順序で、ビタミンC誘導体を基本として、肌に合わない可能性のある場合はグリチルリチン酸ジカリウムを使った化粧水を選んでみるとといいでしょう。


ナチュラルメイクで外出したり、メイク崩れもお泊りも気にならないすっぴん肌になれるよう、ビタミンC誘導体またはニキビ跡用の化粧水を日々のケアに取り入れてみることを検討してみて下さい。


矢印

ニキビ跡の赤みに効く化粧水ランキング!

シーボディ VCスターターセット

VCスターターセット

VCスターターセットは一般的なビタミンC誘導体の約200倍の浸透力を持ったVC200を採用した人気の化粧水です。


20年以上にわたる販売実績があり、今でも有名雑誌に多数掲載されている定番コスメで、ニキビやニキビ跡に悩んでいる多くの方に愛用されています。


しかも1,800円で試せるお得な価格にも関わらず30日間の返金保証付きなので、ニキビ跡の赤みのケアをこれから実施しようとしている方でも安心でしょう。


  • 20年以上にわたる販売実績をもつ定番コスメ
  • 従来のビタミンC誘導体の200倍の浸透力を持つVC200配合
  • 30日間全額返金保証付き

シーボディ公式サイト

 


サイクルプラス

サイクルプラス

サイクルプラスは従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力で肌に優しいAPPSという成分を配合した化粧水で、最大の特徴は使用開始時に混ぜる形(2剤式)にしている点です。


2剤式にすることで劣化しやすいビタミンC誘導体の効果を最大限に引き出すことに成功しています。また、EGFやFGFを配合しているため乾燥肌やくすみなどの幅広い悩みをしっかりとケアしてくれる点も魅力です。


お試しセットも大変お得で新鮮なビタミンC誘導体の効果をしっかり実感できるので、使用前に混ぜることが面倒に感じないのであればサイクルプラスもおすすめです。


  • 従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を持つAPPSを配合
  • 効果を最大限引き出すためビタミンCを使用開始前に混ぜる2剤式
  • 化粧水に2,800円相当のセット(メイイク落としや洗顔など)が付いて2,800円(税抜)

サイクルプラス公式サイト

 


ベルブラン

ベルブラン

肌へのやさしさを徹底的に考えたニキビ跡ケア用のコスメとして長く愛用されており、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム色素沈着対策としてトラネキサム酸によって、炎症とメラニン色素の両方をしっかりと抑制してくれます。


とろっとしたテクスチャーで美容成分が豊富であることから保湿力も高く、ビタミンC誘導体だとちょっと乾燥してしまうという方にもぴったり


毎月数量限定で初回の価格が68%OFFになり、さらに14日間の返金保証付きなので、まずは2週間効果を実感してみて下さい。。


  • グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)+トラネキサム酸(メラニン抑制)
  • 初回68%OFFの2,228円(税抜) ※定期購入(いつでも解約OK
  • 14日間全額返金保証付き

ベルブラン公式サイト

リプロスキン

リプロスキン

リプロスキンはニキビ跡に悩んでいる方なら一度は必ず聞いたことがあるといってもいいほど有名な化粧水です。


抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム、新陳代謝の促進やメラニン色素の抑制などが期待できるプラセンタを有効成分として配合し、これらの成分を独自技術ナノテクノロジーによってしっかりと必要な部分に届けてくれるのです。


また、長期的なケアが必要であるニキビ跡用化粧水としては嬉しい約2ヵ月(60日間)の返金保証付きです。


  • グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)+プラセンタ(メラニン抑制)を配合
  • 4,480円(税抜) ※定期購入(いつでも解約OK
  • 60日間全額返金保証付き

リプロスキン公式サイト

 


パルクレール美容液

パルクレール美容駅

こちらは比較的新しいニキビ跡用の美容液で、ベルブランやリプロスキン同様にグリチルリチン酸ジカリウムプラセンタを配合しつつ、12種類の美容成分や3種のヒアルロン酸などが豊富に配合されています。


また治るまでは目立たないようにメイクなどで隠したいという方に嬉しいカラーコントロール付きです!


返金保証期間は永久、使用後何日でもOKというのも魅力です。まだ新しい商品なのでそれほど知名度は無く価格はちょっと高めですが、今あるニキビ跡の赤みを隠しながらケアしたいという方にぴったりです。


  • ニキビ跡を隠しつつケアできるカラーコントロール付き
  • 1ヶ月5,200円(税抜) ※定期購入(4ヵ月以上継続必須
  • 業界初、永久返金保証書付き

パルクレール美容液公式サイト

 

ニキビ跡の赤みの症状をしっかりと理解することが大切です

大切

私はニキビ跡の赤みを消すために、半年以上のかなり長い時間を費やしてしまいました。


その理由は、手当たり次第にいろんなやり方に手を出していたので、結局どの方法が効果的なのかわからない、ということを繰り返してしまったからです。


つまり私がきれいに治すのにたくさんの時間がかかってしまった原因


  • 自分の肌がどんな状態なのか?
  • どんな対策が必要か?

ということをしっかりと理解できていなかったからだと思います。


ネット上に存在する噂に次から次へと振り回されてしまって、ちゃんとしたスキンケアを長期的に継続できなかったために1つも効果が出なかったのだと思っています。


だからこそ、


  • そもそも原因は何?
  • どんなケアが必要なの?

といったところをしっかりと理解することで、今のケア方法で間違いない!と自信をもって取り組めるように症状を理解することが大切だと思います。


炎症?色素沈着?ニキビ跡の赤みの正体と必要なスキンケア

正しいケアを長期的に継続していくために、ニキビ跡の赤みの原因と改善方法を理解しておく必要があります。


赤みの原因とケア方法

赤みケア

そもそもニキビ跡が赤いまま残り続けてしまう原因を知っていますか?


これは何となく聞いたことのある方も多いと思いますが、簡単に言えば炎症を起こしているからですね。


炎症って何かというと、ニキビの原因菌であるアクネ菌を退治する時に傷ついた皮膚を修復し用としている状態なのです。


傷ついた皮膚を修復するには血液をたくさん運ぶ必要があるため、ニキビのあったところにたくさんの血液が集まった結果、赤く腫れあがって見えるのです。


健康な肌であれば、肌トラブルを起こしてもターンオーバーによって徐々に傷ついた部分が外部に押し出され、新しい皮膚と入れ替わって修復されるので徐々に炎症も治まり、赤みは引いていきます。


でも、ニキビが同じ場所に繰り返しできたり、潰してしまったりしてダメージが酷くなってしまった場合や、間違ったスキンケアなどによってターンオーバーが乱れてしまっている場合は、皮膚の修復に時間がかかってしまうのです。


そのため、通常であればおおよそ1ヵ月(28日程度)でターンオーバーが終わって新たな皮膚に生まれ変わるはずが、何カ月も治らないということになってしまうのです。


よって、できるだけ早く治すためには、


  • 過剰な炎症を抑える
  • ターンオーバーを正常にする

ことによって、目立ってしまう赤みをできるだけ抑えつつ、元の健康な肌に戻してあげることが大事になってくるのです。


色素沈着の予防も必要!

紫色やシミができたときのケア

ニキビ跡の赤みは炎症によるものなのですが、症状が酷かったり長引いたりしている時には、炎症を抑えるだけでなくメラニン色素による色素沈着の予防をすることも大切です。


意外と知らない方も多いのですが、ニキビ跡の赤みが悪化していくと、アザのように紫色になり、やがてシミのように黒っぽく色素沈着してしまうことがあるのです。


私たちの皮膚は炎症を起こすとメラニン色素を誘発する性質があり、虫刺されや傷などが跡になったり、下着などで擦れた部分が黒ずんでしまうのも、炎症によって発生したメラニン色素が原因なのです。


赤みだけが残っていてもすごく目立つのに、さらにシミのような跡までできしまったらさらに目立つ上に、一旦色素沈着が起きてしまうと赤みだけの時よりも綺麗な肌に戻すのに多くの時間がかかってしまうのです。


そのため、赤みのケアとしては炎症を抑えたりするのと同時に


  • メラニン色素を抑えること

も大切になってくるのです。


よって、ニキビ跡の赤みのケアとしては、炎症を抑えること、そしてターンオーバーを促進させること、それに加えてメラニン色素の抑制が必要になってくるのです。

ニキビ跡の赤みのケアに良い成分ってどんなもの?

先ほど説明したように、ニキビ跡の赤みのケアをするためにコスメを選ぶときには、抗炎症作用やターンオーバーの改善、さらには色素沈着の予防など幅広い効果が期待できるものである必要ありますね。


では、このような効果が期待できるものを選ぶためにはどのような成分が配合されているものを選べばよいでしょうか?


ニキビ跡の赤みのケアに使われる化粧水や美容液によく使われる成分としては


  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム

でしょう。


そこで、それぞれの成分がどのようなものでどんな効果が期待できるのかについて概要を理解しておきましょう。


ビタミンC誘導体

ビタミンC

ビタミンC誘導体は、通常は角質層に浸透することができないビタミンCを浸透するように改良したものです。


ビタミンCは抗炎症作用、皮脂抑制、メラニン色素の生成阻害など、ニキビ跡の赤みのケアのための成分といってもいいくらい期待できる効果が多いのです。


ただ、ビタミンC誘導体と言ってもいくつかの種類があり、乾燥しやすかったり刺激を感じやすいものもあるので注意が必要です。


詳細はこちら > ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液


ニキビ跡の赤みのような炎症が起きている敏感な状態の場合は、肌への優しさと浸透力を兼ね備えたAPPSやVC200などがおすすめです。


プラセンタエキス

胎盤

プラセンタエキスはお腹の中で赤ちゃんを育てるための胎盤から抽出した成分で、期待される効果の範囲がとても広く、新陳代謝の促進やメラニン色素の生成を阻害する働き、さらには活性酸素の抑制効果も期待できるため、まさにニキビ跡の赤みのケアに合った成分なんですね。


プラセンタエキスは刺激がなく肌に優しいものであるため、ビタミンC誘導体が肌に合わなかったという方や敏感肌の方に合うと思います。


 詳細はこちら > ニキビ跡の赤みにプラセンタがいい!


ニキビやニキビ跡ケア用のコスメでも多く使われており、次に説明するグリチルリチン酸ジカリウムと一緒に用いられることが多いです。


グリチルリチン酸ジカリウム

甘草

グリチルリチン酸ジカリウムは肌だけでなく風邪などの様々な炎症をケアするためのものとして広く利用されている有名な成分で、ニキビ跡のケアだけでなくニキビのケアや予防にも効果が期待できるので、繰り返しニキビがによって跡が残ってしまうタイプの方におすすめです。


 詳細はこちら > ニキビ跡の赤みを抑えるグリチルリチン酸ジカリウムとは?


プラセンタと併せて配合することで炎症を抑えつつターンオーバーを改善する効果が期待できるし、肌にも優しい西部でもあるため、ニキビ跡用の化粧水にプラセンタと併せて多く採用されています。

ターンオーバーを改善するために気を付けたいこと

ターンオーバーを改善してニキビ跡の赤みを早く治すために化粧水や美容液などを使うのはもちろんですが、それ以外にも気を付けておきたいことがあります。


まず1つ目が、化粧水などを使う前段階の洗顔を正しく行うことです。


ニキビ跡の赤みは炎症を起こしているわけですから、当然刺激をすることによって悪化してしまいます。


だから、洗顔のような普段はそれほど気にならないような小さな刺激であっても極力避けなければなりません。


また、皮膚は必要以上に摩擦などを刺激を受けると、ターンオーバーを遅らせて角質を厚くしようとする、つまりターンオーバーが遅れてしまうため、ゴシゴシと擦るような間違った洗顔を実施しているとニキビ跡は治りにくくなってしまうのです。


スキンケアというと化粧水など洗顔後のケアばかりに注目しがちですが、実は化粧水などを使用する前段階の洗顔に問題がある場合も多いので、正しい洗顔を心掛けることも忘れてはいけません。


 詳細はこちら >ニキビ跡の赤みの洗顔方法とおすすめの洗顔料


また、ターンオーバーというのは古い皮膚を剥がすと同時に新しい皮膚を作る必要があるわけですから、当然新しい肌を作るための材料となる栄養が必要になってきます。


そのため、2つ目としては健康な肌を作るための栄養をしっかり摂ることを意識しましょう。


食生活の乱れがニキビなどの肌トラブルを起こすというのは聞いたことがあると思いますが、皮膚を正常に保つためには必要な栄養を摂って内面からもケアすることが大切なのです。


ターンオーバーの改善のためにできる内面からのケアとして摂っておきたい栄養素については以下の記事を参照してみて下さい。


 詳細はこちら >ニキビ跡の赤みに効く栄養素とサプリメントランキング!


ニキビ跡が色素沈着してしまったら?

色素沈着

しっかりとケアをしているつもりでも、炎症が酷かったり間違ったケアをしていて悪化してしまったために、ニキビ跡の赤みが黒く色素沈着してしまったということもあると思います。


赤みのケアのところでもお話ししたように、黒くシミのようになってしまうのはメラニン色素によるものなので、炎症が原因の赤みとはちょっと状況が違ってきます。


 詳細はこちら >ニキビ跡の赤みは何もしないで放置するとシミになる?


そのため、色素沈着してしまった場合のケアとしては、赤みのケアのように炎症を抑えるのではなくメラニン色素に働きかける必要があるため、ハイドロキノンのような美白成分を配合したコスメによるケアも必要になってくるのです。


 詳細はこちら >ニキビ跡に効くハイドロキノン!赤みや色素沈着への効果は?


つまり、ニキビ跡が黒っぽくなってしまうと炎症を抑えるだけでは改善できない複雑な状態になってしまうので、赤みの段階で治すように早めのケアをすること、そして炎症を悪化させないように洗顔などによる刺激にも十分注意する必要があるのです。


とにかくニキビ跡は赤みの段階が一番治しやすいので、適切なケアを早めに実施して継続すること、そして悪化させないように刺激を徹底して避けること意識して、スキンケアでは改善できないクレーター状にならないようにすることが大切です。


ニキビ跡の赤みは簡単には改善しないことも多いですが、ナチュラルメイクでお出かけOK、お泊りだって温泉だって気にならない綺麗な肌になるためにしっかりと正しい行動を積み重ねていきましょう。


ニキビ跡の赤みに効く化粧水ランキングをもう一度見る